ケイティ・レデッキー (AP)

写真拡大

 2017年のAP通信年間最優秀女性アスリート賞が26日に発表され、競泳のケイティ・レデッキー(20)が選出された。同賞は米国のスポーツメディア関係者らの投票によって決まる。

 レデッキーは7月の世界選手権において、リレーを含めて計5個の金メダルと1個の銀メダルを獲得。この実績が今回の受賞につながった。自由形では圧倒的な強さを誇っており、五輪でもロンドンとリオの両大会で計5個の金メダルに輝いている。

 2位はテニスのセリーナ・ウィリアムズ(36)で、3位は陸上短距離のアリソン・フェリックス(32)。ウィリアムズは1月に行われた全豪オープンのシングルスで優勝を果たしたが、僅差でレディッキーに及ばなかった。なお、同年間最優秀男性アスリート賞は27日に発表される。