アストロズのカルロス・コレア【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のMLBでアストロズ遊撃手・コレアの超美技

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は米大リーグ(MLB)のプレーオフで起きた「超人遊撃手の曲芸的“逆回転スロー”」。通常とは異なる右回りのボールさばきから、華麗な「6-4-3」を完成。負けたら終戦の崖っぷちで流れをもたらした超ファインプレーの瞬間を球団公式ツイッターが動画付きで紹介すると、ファンに熱狂が広がった。

 一瞬にして、クルッと回転した。目にも止まらぬ、しかし、正確で美しいプレーを演じたのは、アストロズの遊撃手、カルロス・コレア内野手だ。

 10月20日(日本時間21日)、2勝3敗で迎えたヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第6戦。負ければ敗退の一戦、初回先頭から先発バーランダーが安打を許した。嫌な立ち上がり。続いて迎えた超新星ジャッジに対し、投じた3球目を捉えられた。痛烈な打球は三遊間へ。これに反応したのが、コレアだった。

 三塁方向へ足元から滑り込んで鮮やかに捕球。ところが、次の瞬間、驚きのプレーを見せる。そのまま右回転でクルッと反転すると同時に飛び上がり、両足を広げてバランスを取るようにして二塁へ、華麗にジャンピングスロー。二塁手アルトゥーベが素早く一塁に転送し、「6-4-3」の併殺を完成させたのだ。

セオリーなら左回りも…超美技に球団公式ツイッターも興奮「スムーーーーーーズ」

 嫌な流れを断ち切る超ビッグプレー。アストロズの球団公式ツイッターは「スムーーーーーーズ」と興奮気味に動画付きで投稿した。

 映像を見れば、遊撃手の捕球後のセオリーは反動を、そのまま送球に生かせる左回りの順回転。しかし、やや後ろに走りながら滑り込んだため体が反応し、逆回転を選択した。腕の振りと体の流れが対になるため難しい送球だが、ジャンプしながらバランスを取り、正確にスローイング。体のバネがないと、咄嗟には到底できないプレーだ。

 シーズン中からたびたび型破りな超人的なプレーを演じてきた名遊撃手の超美技にファンも熱狂。立ち上がりのピンチの芽を摘み取ると、この試合を7-1で快勝。そして、最終第7戦も制し、逆転でシリーズ突破を果たした。勢いに乗ったチームはワールドシリーズでドジャースを撃破。悲願の世界一を成し遂げた。

 コレアは今季、プエルトリコ代表としてWBC準優勝に貢献し、最優秀三塁手に選出。シーズンでは初めてオールスターに選出され、極め付きはワールドシリーズ制覇と充実の一年となった。弱冠23歳の期待のホープ。来年もメジャーのグラウンドで、あっと驚くプレーを見せつけ、ファンを沸かせてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)