12月24日まで行なわれた全日本フィギュアスケート選手権。宇野昌磨は、羽生結弦不在の大会で連覇を遂げて平昌五輪代表の座を手にした。だが、試合後に彼の口から出てきたのは「悔しいという気持ちとともに、申し訳ないという気持ちでいっぱいです」という反省の言葉だった──。

「ここ数試合はみなさんの期待に応えられない演技ばかりしていて、満足いく演技からはほど遠かったですし、自分が期待していたものとはかなり違いました」


全日本選手権で連覇を達成した宇野昌磨

 ショートプログラム(SP)1位で臨んだ24日のフリーは、滑り出しは順調だった。冒頭の4回転ループをキッチリ決めると、次のトリプルアクセルはGOE(出来ばえ点)で満点の3点をもらう完璧なジャンプ。その後、3回転ループもきれいに決めて、2種類のスピンとステップはレベル4を獲得。そのままいけば圧勝する勢いだった。

 しかし、後半最初の4回転フリップが回転不足になって転倒すると、次の4回転トーループは両足着氷になってしまうミス。さらに、試合で初めて挑戦したダブルアクセル+4回転トーループのセカンドは2回転になり、トリプルアクセルからの3連続ジャンプの最後のフリップも3回転が1回転になってしまった。結局、フリーの得点は186.47点。合計でも283.30点と、圧倒的な強さを見せつけるまでには至らなかった。

「(後半は)体力がなかったですね。ダブルアクセル+4回転トーループは最初から体力的に跳べないなと思っていました。単発なら跳べたと思いますけど、それでも体力不足という現実はあります。練習不足だったと思います」

 最近プログラムの構成を変えたばかりで、通しの練習は数えるほどしかできず、成功したこともなかったと宇野は苦笑した。跳べないとわかっていても試合で挑戦したことについては、「ここでやらないと」という強い気持ちがあったからという。もしダメであっても、挑戦しなければ次の段階には進めない。その姿勢を貫くのが自分のスタイルという自負があるのだろう。

 ここ数年、宇野は、試合ごとに新しいジャンプを入れるなど、プログラム構成を変えることが多い。こうした攻めの姿勢は、常により良いものにしようと考えていることの表れだ。

 今シーズンの宇野は、初戦のロンバルディア杯で合計319.84点の自己最高得点を出して優勝したが、「納得いく練習ができたうえでの結果ではなかった」(宇野)。また、スケートカナダではSPは体が動きすぎるほど調子がよかったが、フリーでは「昨日の半分くらいしか体が動いていない」状態で、1位にはなったものの、4回転トーループを1本失敗していた。

 続くフランス杯は、大会前にインフルエンザにかかって練習を積めなかった影響で力を出しきれず、手応えのあったグランプリ(GP)ファイナルでは4回転トーループでミスを連発して優勝を逃していた。

 全体のレベルを上げられている手応えはあるのだが、大会前や大会中のコンディショニングがうまくいかず、納得できる結果を出せていないのが現状だ。守りに入らず、あえて構成を難しくしていることで、これまでできていたことができなくなり、微妙な感覚のズレに苦しんでいるところもある。

 今回、異例ともいえるダブルアクセル+4回転トーループを入れたのも「このところ4回転トーループを試合で失敗していて連続ジャンプにならなかったりしていましたが、『こういう案もあるよ』とダブルアクセル+4回転トーループを提案してもらったので、やってみようと思った」からだ。

「4回転トーループは練習で9割くらいの確率で跳べています。跳べるからこそ(試合で)失敗しやすいというか、いろんなことができてしまうから失敗するのではないかと思います。そこが大きな課題です」

 こう話す宇野は、GPファイナルのフリーで、4回転トーループを失敗していたこともあって、4回転+2回転トーループのジャンプ構成を、練習で時々やっているダブルアクセル+4回転トーループに変更することを検討した。

「回転しすぎることがなくなって、基礎点は1.63点上がる」と考え、実際に今回の全日本でプログラムに組み込んだわけだが、その変更を決めたのは大会直前だったという。結果はどうあれ、このように五輪出場権がかかった全日本選手権であっても、ミスを恐れずに新たな挑戦ができることが、宇野昌磨というスケーターの強みでもある。

「今シーズンこれまでは、試合間隔が2週間ほどということが多くて、それでは少し短いかなと思っていました。次の試合まではそれより少し時間があると思うので、いかに練習量を多くして、いかに試合でその成果を出せるかに集中していきたいです。とりあえず、平昌五輪というより、一番近い試合で満足できる演技をしたい」

 全日本を連覇した後にこう語った宇野は、2018年1月22日からの四大陸選手権(台北)に出場予定だ。平昌五輪だけではなく出場する試合すべてで挑戦を続け、冒険をする。その姿勢はまったくブレていない。

◆全日本欠場でも、羽生結弦の五輪出場が「当確」だったわけを調べてみた>>

◆宮原知子、「来年スケートやめるの?」というドン底を耐えて五輪へ>>

■フィギュアスケート特集ページ>>