スズキから新発売された『クロスビー』は、軽自動車ハスラーのイメージを普通車サイズで再現したコンパクト SUVです。

その内外装やメカニズム、装備には特徴が山盛りですが、ここでは重要ポイントをギューッとまとめて90秒で理解できるようにしました。ではさっそく解説しますね。

・サイズが独特

全長×全幅×全高:3760×1670×1705mmのサイズ感は独特のもので、従来の国産車にはないプロポーション。スズキソリオに対して全長と全幅を5センチ拡大して全高を4センチ低めた感じ、と理解しましょう。

・ちゃんとSUVしてる

駆動方式はFFと4WDの2タイプ。障害物を乗り越えやすい大きめの角度がついたアプローチアングルは19.7度。同じくデパーチャーアングルは40.4度。最低地上高だって180 mm 確保されています。

また、ドア下半分にスプラッシュガードという名称の防護用カラーパネルをつけています。ここをボディカラー以外の色にすることも可能です。

・ダウンサイジングターボ+モーター

エンジン諸元:73kW/5500rpm&150Nm/1700-4000rpm
モーター諸元:2.3kW/1000rpm&50Nm/100rpm

エンジンは全車3気筒直噴1リットルターボにモーター組み合わせたマイルドハイブリッド方式 。トランスミッションは CVT ではなく6AT。

・広大な荷室と室内

ラゲッジは軽自動車のハスラーより余裕があって広々。しかも荷室からシートの角度調整ができたりスライドさせることも可能。

荷室の下には大容量のアンダーボックスが標準搭載。前後シートまわりも大きな余裕があります。

・質感高いインパネ

メーター右には3.5インチマルチファンクションディスプレイが装着されています。

エアコン他の操作スイッチはトグルスイッチにも似た独特のもの。操作タッチが気持ちいいです。

・安全装備が充実

スズキ・セイフティーサポートバッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車では、発進時に障害物がないか3D ビューで確認できる機能も搭載しています。

また、視点切り替えで車内からボディパネルをすかしてみた状態を表示する機能もあるんです。さらにリヤバンパーには障害物センサー入ってまして、バック走行時の自動ブレーキも作動します。

・まとめ

コンパクトな全長3.7 mの中に巨大な空間を備えた SUVがクロスビー。こういうモデルはこれまでありそうでなかったものでした。ハスラー同様に人気を得そうな予感がムンムンしますね!

(文・動画/ウナ丼)

スズキの新しいSUV『クロスビー』の特徴を90秒で理解するクイック講座(http://clicccar.com/2017/12/27/542292/)