小型化多機能化が一層進んだビデオスイッチャー

イベントやセミナーなどのライブ配信の需要の増加と共に、マルチカム運用によるスイッチャーへの注目度も増している。そんな期待に応えて今年も魅力的なスイッチャーのリリースが相次いだ。ローランドは、SDI/HDMI/RGB 6チャンネルの映像入力に対応した小型ビデオ・スイッチャー「V-60HD」を発売。いろいろな映像機器が直接つなげられる小型ビデオスイッチャーに、自動化対応の高機能オーディオミキサーを内蔵し、動画コンテンツ制作を省力化できるのが特徴だ。

左からローランドの「V-60HD」、「XS-62S」、「XS-1HD」、ブラックマジックの「ATEM Television Studio Pro HD」

同じくローランドの「XS-62S」は、オーディオミキサーを搭載した1Uサイズのコンパクトな6チャンネルのラックマウントビデオスイッチャー。WindowsやMac、制御用タッチパネルからワンタッチでコントロールできる。「XS-1HD」は、ハーフA4サイズ、4 系統のHDMI入出力を備えたマトリクススイッチャー。コンパクトで、場所を選ばずマルチスクリーン出力や画面合成が可能。

ブラックマジックデザインは、ハードウェアコントロールパネルを一体化したオールインワンライブプロダクションスイッチャー「ATEM Television Studio Pro HD」を発売。8系統の入力、マルチビュー、Auxやプログラム出力、アナログオーディオ入力、内蔵トークバック、Flashベースの2つのメディアプレーヤー、プロ仕様のクリエイティブなトランジション、エフェクト用のDVEなどを搭載している。

まだまだ進化するカメラサポート機材

これまでのカメラサポート機材といえば三脚や一脚が中心だったが、近年はスタビライザーへの注目度が増している。その中でも抜きん出ているのがDJIの「Ronin」シリーズだ。DJIはマルチコプターで有名だが、2014年に手持ちジンバルの「Ronin」を発表。今年はその後継となる3軸カメラスタビライザーシステム「Ronin 2」をリリース。大型カメラの搭載を可能にするパワーや高出力なトルクを備え、多用途に対応できる。

左からDJIの「Ronin 2」、マンフロットの「Nitrotech N8」

雲台ではマンフロットの無段階カウンターバランスを備えたフルードビデオ雲台「Nitrotech N8」の存在感が目立った。ナイトロジェンピストン機構を搭載し、8kgまでのカメラとアクセサリーを静止できる無段階カウンターバランスシステムが特徴。

編集ソフトウェアは新バージョンでさらに領域を拡張

左からブラックマジックデザイン「DaVinci Resolve 14」、アドビ「Adobe Creative Cloud」、グラスバレー「EDIUS Pro 9」、アビッド「Media Composer」

今年は特にポスプロワークのアプリケーションも大変な話題を呼んだ年だった。ブラックマジックデザインは、カラーグレーディング+編集にFairlightのオーディオページを追加したアプリケーション「DaVinci Resolve 14」を発表。編集、グレーディング、オーディオの作業がコンフォームなしでシームレスに行き来できるのが特徴。アドビは、Creative Cloudのアップデートを発表。Premiere ProやAfter Effectsで360°やVRコンテンツの編集機能やアニメーションやモーショングラフィックスなどの映像に加工できるAfter Effectsの「モーショングラフィックステンプレート」をPremiere Pro上で利用できる機能強化を実現している。

グラスバレーは「EDIUS Pro 9」を発表。4Kを含むさまざまなHDR、Log素材のリアルタイムネイティブ編集や、プロジェクト単位のカラースペース設定によるSDR/HDRの混在編集が可能になった。アビッドはMedia Composerシリーズを8.9までバージョンアップ。PhraseFindやScriptSyncの再生、8Kプロジェクトのプリセットなどの機能強化をしている。また、完全無料版のMedia Composer | Firstのリリースも話題となった。

PRONEWS AWARD 2017 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品

以上が周辺機器/ポストプロダクション部門のノミネート製品となる。

  • ローランド 6ch HDビデオスイッチャー「XS-62S」
  • ローランド ビデオ・スイッチャー「V-60HD」
  • ローランド 卓上型マルチフォーマットマトリックススイッチャー「XS-1HD」
  • ブラックマジックデザイン プロダクションスイッチャー「ATEM Television Studio Pro HD」
  • DJI 3軸カメラスタビライザーシステム「DJI Ronin 2」
  • マンフロット フルードビデオ雲台「Nitrotech N8」
  • ブラックマジックデザイン 「DaVinci Resolve 14」
  • アドビ 「Creative Cloud」
  • グラスバレー 「EDIUS Pro 9」
  • アビッド 「Media Composer」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!