桐谷美玲

写真拡大

桐谷美玲が12月26日(火)放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に出演し、ニュースキャスターとして出演している「NEWS ZERO」で、ニュース後のシメのコメントにいつも悩んでいると明かした。

【写真】桐谷美玲、ファッションショーで“美脚”披露!

話を振られても「何ていったらいいか分からかなくて、『そうですね』『そうかもしれないですね』で終わるんです」と無難な発言でシメてしまっているという桐谷。

「あんまり言えないもんね。自分の意見」と、ヒロミが助け舟を出すと「色々、リハーサルとかしているんですけど、言っていい事と悪い事があったりするんで……」と悩んでいる様子をうかがわせた。

そんな桐谷が、芸人達の協力のもとシメの言葉を特訓することに。

元女子アナ芸人が読み上げる芸人たちの「足湯でのぼせた」「カミナリのまなぶが37万円の時計を買った」などのどうでもいいニュースを、桐谷のシメで終わらせるという内容で、司会の後藤輝基は「絶対に桐谷美玲に来る話じゃない!」と大爆笑。

そんな中、桐谷は「今年一、どうでもいいニュースでしたね」などと絶妙のツッコミを入れてシメ、芸人たちからも拍手喝采を受けていた。(ザテレビジョン)