エディージョーンズ氏はイングランドで2015年に開催されたラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表を奇跡の勝利に導いた(撮影:尾形文繁)

世界中を震撼させた「ジャイアントキリング(番狂わせ)」から2年あまり。ラグビー日本代表でヘッドコーチ(HC)を務めたエディー・ジョーンズ氏。2015年に行われたW杯では同氏の采配の下、代表チームは大躍進を遂げた。予選トーナメントでは大会史上初の3勝を記録。決勝トーナメント進出はあと一歩で逃したが、ラグビー強国の一角、南アフリカを破ったシーンは多くのラグビーファンの脳裏に焼き付いている。
日本代表のHC退任後はラグビーの母国、イングランド代表のHCに就任。2019年に迫った日本開催の次回W杯制覇を目指す。来日した名伯楽のジョーンズ氏にコーチングの極意を聞いた。

まずは一人ひとりをじっくりと観察する

――最近の著書『勝つための準備』では「選手の能力を強化しようと思えば、一人ひとりの性格をよく理解しなければならない」などと強調しています。

大事なのはまず、一人ひとりの日常の態度を見ること。そのうえで、よくなるためには何が必要なのか考えます。

自分が率いた日本代表のメンバーでも、たとえば、アマナキ・レレイ・マフィ選手にはほとんど指導する必要がなかった。チームの中で彼にとって居心地のいい状況を作り上げ、皆から愛されているという感覚を持ってくれれば十分でした。そうすれば、彼はベストのパフォーマンスを見せてくれました。

――具体的にはどのようなことをしたのでしょうか。

腰のケガで入院していたとき、見舞いにいって日本代表のジャージを手渡しました。そのジャージにはW杯の試合日程が書いてありました。そこには彼がゲームに必要というメッセージが込められています。
 
――逆に細かな指導が必要だった選手は。

山田章仁選手は素晴らしいプレーヤーですが、以前はチームのためでなく自分のためにプレーしたがるような傾向もありました。チーム第一ということをわからせようと、あえてスコッド(代表選手)から外したこともあります。

五郎丸歩選手も2015年のW杯ではすばらしいパフォーマンスを見せましたが、彼を変えるまでには4年程度かかりました。

――性格、能力、考え方は一人ひとり異なるのに、教える側は多様性を認めようとしない。日本の企業社会にも同じことが言えそうです。

ラグビーのコーチとして初来日したとき、選手の抵抗感が強かったのを覚えています。皆が平等に扱ってもらわないと気が済まないというムードが漂っていました。

DNAは一人ひとり違うにもかかわらず、どうして皆を同じように扱わなければならないのでしょうか。むろん、チームのルールは大事。それを守らせながら、いかにより良いものを選手から引き出すのか。それがコーチや上司の重要な役割です。

――ただ、一人ひとりの性格や能力を見極めるのは簡単でありません。

とにかく会話を積み重ねるしかありません。飲み会だけでなく、ランチや廊下ですれ違ったときなど、どのような状況でも可能なはず。会話を通じて相手を観察し、学ぶことができる。

世界の優秀なリーダーはコーヒータイムなどに自ら部下へ近づいて意見を聞いたり、アドバイスしたりしています。日産自動車のカルロス・ゴーン会長は社長の座に就いてから約3週間、ひたすら社内や工場を歩き回ってどのような人が働いているのか、どのような問題を抱えているのか見つけることから始めたといいます。
 
――NHKの番組で、目黒学院高校のラグビー部に対して指導する様子が取り上げられました。ディフェンスの際に選手どうしが声を掛け合う大切さを丁寧に教えていたのが印象的です。

教え込むには時間がかかります。多くの人たちがスマートフォンを通じてコミュニケーションを行う時代。イングランド代表も最初はそうでした。でも、ラグビーの試合中にスマホでコミュニケーションをすることはできませんよね。

顔を見て会話をすることが重要

――コーチと選手、あるいは選手間でも「フェイス・トゥー・フェイス」のコミュニケーションが従来にも増して重要になっているのですね。

大事であることは昔から変わっていません。ただ、スマホがあるため、コミュニケーションが不自然な形になってしまいました。

実は、イングランド代表チームのスタッフ間でもコミュニケーションの改善に取り組んでいます。2人のスタッフが互いにメールを送り付けるのではなく、顔を見て会話しようという取り決めを交わして実行に移したら、関係がよくなりました。

この場所へ来ようとスターバックスの前を通りかかったときに客を見たら、顔を見ながら話しているのはひと組だけ。ほかの人たちは皆、2人で来ていてもスマホをチェックしていました(笑)。

――日本代表のHC就任当初は、代表よりもふだん所属しているトップリーグなどのチームを第一に考える選手が多かったそうですね。
 


Eddie Jones(エディー・ジョーンズ)/1960年オーストラリア生まれ。同国ニューサウスウェールズ州代表を経てコーチに転身。豪州代表監督、南アフリカテクニカルアドバイザーを歴任し、2012年日本代表ヘッドコーチ(HC)に就任。2015年イングランド代表HC(撮影:尾形文繁)

ラグビーにかぎったことではありません。日本は自分の会社が1番であり、会社以外の人とは知見などを共有したがらない社会。実は共有したほうが視野も広がるのですが……。

もっとも、イングランドの選手にもそうした傾向はありました。代表チームの初招集時、選手に対して所属するクラブチームのジャージを着用してくるように伝えました。最初のミーティングには各選手が異なるジャージを着て参加しました。

ミーティング終了後、選手にはジャージを脱がせてイングランド代表のジャージに着替えるよう命じました。「これからは所属チームのことではなく、イングランド代表として同じ考え方を共有し前へ進もう」と呼びかけたのです。

所属チーム優先といった閉鎖的な思考を打破するには、なによりも代表チームがしっかりと考える必要があります。

――強いチームと弱いチームの一番大きな違いはどこにあるのでしょうか。

「勝ちたい」という気持ちと、「有意義な練習を重ねた」という自信があるかどうかです。「負けてしまうのではないか」と思って試合に臨むチームは決して強くなることができません。たとえ技術面では互角であっても、負けを重ねるだけです。

与えられた環境で強いチームを作るのが監督の仕事だ

――日本の大学のラグビーチームには最近、「ラグビーばかりに時間を取られたくない」との学生が少なくないと聞きました。

すばらしいことです。若いうちは視野を広げたほうがいい。毎日、3〜4時間もラグビーの練習をすることには大反対です。1回の練習はせいぜい1時間半で十分だと思う。

大切なのは、内容が濃いものであるということ。だらだらと意味のない練習を一日中やるのは選手にとっても苦痛でしょう。有意義でかつ、濃い練習を短時間で行うのが大事なんです。その後は、たとえば、練習が楽しくなったら個人練習を行う、といった具合に少しずつ、やり方を変えていけばいい。

与えられた環境や学生の考え方に応じて、強いチームを作るにはどうすればいいのか。それを考えるのが監督、キャプテンの仕事です。

――現在のジェイミー・ジョセフHC率いる日本代表についてはどう見ていますか。


 いい方向へ行っていると思います。11月の試合でもアタックが今までよりもポジティブになっており、日本らしさが出ていました。大きく改善しています。ディフェンスもすばらしかった。リスクは高いものの挑戦的な攻めの姿勢がディフェンス面でも見られます。

――「エディ・ジャパン」で大活躍したトンプソン・ルーク選手やマイケル・ブロードハースト選手のようなワークレートの高い(試合中の仕事量が多い)選手が必要、との見方もあります。

今、彼らの代わりになるような選手を探し出すことができるかはわかりません。もちろん、彼らはすばらしいプレーヤーですが、ジョセフHCの好みもあるでしょう。今は彼のチームにふさわしい選手を選んでいると思いますよ。