佐藤二朗や野性爆弾くっきーも登場 齊藤工監督×高橋一生主演『blank13』新予告

写真拡大

 俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で長編監督デビューを果たす映画『blank13』の新予告が公開された。

参考:映画『blank13』新予告

 放送作家のはしもとこうじの実話を基にした本作は、13年前に突然失踪した父と余命3か月の状態で再会した家族を描く物語。キャストには主人公・松田コウジ役を務める高橋一生のほか、コウジの彼女役で松岡茉優、失踪した父役でリリー・フランキー、母親役で神野三鈴らが名を連ね、齊藤も監督だけでなくコウジの兄ヨシユキとして出演している。

 今回公開された新予告には、父が失踪した後の重い日々を過ごす松田家の姿と、13年の溝が埋まらないまま迎えた父の葬儀の様子が映し出されている。途中まではスローテンポで松田家の辛い過去が描かれているが、葬儀のシーンで雰囲気が一転。アップテンポなリズムに合わせ、父と交流があった風変わりな人々が、生前のエピソードをユニークに語りだす。

 父の生前の知人役には、「麻雀を週9日くらいやっていました」と高笑いする佐藤二朗や、「何回ぐらいやりますの?」と焼香のやり方を尋ねる野性爆弾のくっきー、「宗教でお世話になって……」と語るラバーガールの大水洋介など個性豊かな著名人たちが選ばれている。(リアルサウンド編集部)