阪神はホームグラウンドの甲子園球場で首位に立ったJ-CASTニュース

阪神の新フロントに「内紛」の火種?責任のなすり合いをする可能性も

ざっくり言うと

  • フロントが刷新された阪神に、内紛の火種があるようだとゲンダイが報じた
  • 揚塩健治社長と谷本修副社長は、親会社である阪神電鉄内での学閥が異なる
  • 「何かあったとき、責任のなすり合いをする可能性はゼロではない」と阪神OB

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング