画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(DNP)は12月27日、、横浜銀行と顔認証を活用した本人認証サービスの開発に向けて、基本合意したと発表した。

両者は、DNPが開発した本人認証アプリを活用し、2018年春から、横浜銀行およびDNPの関係者により、顔認証機能の実証実験を実施。実証実験では、事前に運転免許証などの公的身分証を撮影し登録した顔写真データと、スマートフォンのインカメラで撮影した顔写真を照合することにより、不正利用でないことを確認し、決済口座の登録を行う。

利用者は、この機能を利用することにより、不正利用を防止できるだけでなく、郵送等による本人確認書類のやり取りや複数のパスワードを管理する手間が省けるという。

横浜銀行では、この顔認証機能を、「スマホ決済サービス『はまPay』等の本人認証機能として商用利用を検討していくという。「はまPay」は、横浜銀行と契約した店舗で買物代金などを支払う際、顧客が専用のスマートフォンアプリを操作することで、事前に登録した横浜銀行の口座から決済資金を即時に引き落とすサービス。

またDNPでは、スマートフォンを利用した各種の金融サービス(預金口座振替契約や送金アプリの利用契約など)の本人認証アプリとしての商用化を検討するという。