就活生の親ができる”支援”とはどんなことでしょうか? (写真:xiangtao / PIXTA)

開場と同時に続々と参加者が集まり、開会の10分前にはほぼ満席。2019年卒シーズンに向けた就職説明会が活況を呈しています――。

と言っても、学生向けの話ではありません。各大学が行っている、「保護者向けの就職説明会」の話です。私はこうした“保護者ガイダンス”に講師として招いて頂くことも多いのですが、どの大学のどの会場もほぼ同じ状況です。男性の参加者も多く、男女比率は半々ほど。夫婦と見られる姿もまれではありません。また学生本人と一緒に参加されているケースもあります。

「わが子だけ決まらない」は避けたい


今年、10月1日時点での大学生の就職内定率(文部科学省・厚生労働省調べ)は、75.2%。1996年の調査開始以来、過去最高値を記録しています。求人意欲も依然として高く、就職環境は順風のように見えるのに、保護者ガイダンスの参加者が年々増えているのはなぜでしょうか。

参加者からは、「就職を取り巻く環境がよい状況だからこそ、我が子だけ結果が出ないと、大いに追い込まれてしまうのではないか」や、「就職できても早々に離職してしまい、キャリアが積みあがらないような事態にならないか」といった、強い不安の声が聞かれます。

今の学生は大学受験に至るまでのさまざまな競争を保護者が伴走してきた世代です。ガイダンスに参加する保護者からは、就職もサポートしてあげたいという気持ちを感じます。しかし、子どもに何か話をしようと思っても、予備知識がないと会話にすらならないため、現状に対する共通理解をもっておきたい、という思いが強いようです。

では、まずこれから就職活動を進める2019年卒の学生がどんなスケジュールで動いていくのかを、ざっとご説明しましょう。

2013年〜2017年卒までの5年間で、就職・採用活動開始時期は3度も変更されましたが、2018年卒以降は前年踏襲が続いており、2019年卒は「3月広報活動解禁、6月選考活動解禁」の3年目になります。先輩たちの前例もあり、求人倍率も高いので、“かつてない短期決戦”と盛んに言われた1年前に比べると、学生の就活に対する意識はやや緩みがちです。が、このスケジュールを額面通りに受け取っていると、実態とはずれてしまいます。注意すべき理由は2つあります。

1つは、書類選考や適性検査も、広義の広報活動に含まれる点です。3月の応募受付解禁と同時に、これらも受付が始まります。

以前の就活は、/景垢筌優奪箸埜たり、人から聞いたりして、興味を持った企業にプレエントリーし、⊆尊櫃亡覿叛睫晴颪帽圓辰届辰鯤垢い突解を深め、Jいていた企業イメージとの違いなども検討したうえで、応募するかどうか決めてから、ぅ┘鵐肇蝓璽掘璽函扮募書類)を提出するという流れでした。

ちなみにプレエントリーとは、昔の資料請求に当たるもので、最近はほとんどWEB上で行われます。WEB上で登録をして興味があるという意志表示をすると、企業側から追加の情報が適宜送られてくるのです。

書類選考や適性検査は3月解禁

ところが今は、.廛譽┘鵐肇蝓次↓企業説明会、1募企業決定、ぅ┘鵐肇蝓璽掘璽板鷭个蓮△い困譴發曚榮瓜。あらかじめ企業を選ぶ判断基準や優先順位を確立しておかないと、いざ3月に解禁になって、企業研究をする時間はありませんし、どの企業説明会に行こうかと考えているうち、人気企業の説明会は締め切りになることもあります

エントリーシートを提出しようにも、どんな企業なのかわからないままでは、志望動機が書けません。まるで知らない相手にラブレターを書くようなもの。しかし、企業説明会で理解を深める前に、エントリーシートを書かなくてはならない……。この矛盾が苦しいという声は、学生からしばしば聞かれます。

もう1つは、こうした採用活動の解禁日に関する取り決めは、政府の要請に沿って経団連が指針として示したもので、法律ではないということです。最終的には、各社が各自の採用スケジュールで動くことを、踏まえておく必要があります。

こうしたスケジュールを前提に、今の就活で保護者の方にぜひ頭にとどめていただきたいことは、次の2つです。

就活を見守るうえで知っておきたいこと1:時代が変わっている

1つは、就職先が保護者の時代とは、大きく変わっていることです。保護者世代の就職は、メーカー、商社、金融が人気の時代。従業員規模の小さい企業やサービス業を否定的に見ている方が少なくありません。実際、20数年前までは大卒者のうち製造業に就職している人が一番多かったのですが、現在は違います。

大卒者全体の割合で言うと、製造業に就職する大卒者は、1990年が27.9%だったのに対し、2017年は11.6%。製造業が圧倒的に減り、その分、サービス業の比率は倍増しています。

就活の倍率についても、現実と認識がズレがちです。求人倍率自体、企業規模でまったく違います。実は大卒者向け求人の56%は従業員数300人未満の中小企業によるもの。求人倍率が高く売り手市場と言われていますが、内訳を見ると、大手企業の求人倍率は低く、ほぼ変わっていません。中小企業の求人によって上下動しているのです。

リクルートワークス研究所が発表する大卒求人倍率調査の最新データ(2018年卒)では、2018年卒の300人未満の中小企業の求人倍率は6.45の高水準ですが、5000人以上の超大手企業の求人倍率は0.59にとどまります。つまり希望者の6割しか入れません。超大手を志望する学生にとって、狭き門であることは変わりないのです。

このように産業構造自体が変化し、サービス業にシフトしていたり、超大手企業はなお求人倍率が低い、といった現状を見ずに、当時の価値観を押し付けてしまうのは、一番、子どもの心が離れるパターンです。

実際に学生たちへの調査で、「就活において、家族の関与でつらかったこと、やめてほしいと思ったこと」では、「保護者が知っている企業を受けることを勧めてくる」「内定先を頭ごなしに否定された」、などの声が多数挙がっています。

就活資金は思ったよりもかかる

就活を見守るうえで知っておきたいこと2:おカネがかかる

もう1つ、念頭に置いていただきたいのは、おカネの問題です。昨年就活にかかった総額で最も多かったのは、10万円以上〜20万円未満で29.6%、30万円以上かかった学生も13.7%います(就職みらい研究所『就職白書2017』)。

学生はスーツや革靴、バッグのほかに交通費、就職対策本の購入など、出費がかさんでいます。特に、居住地と就活地が離れている場合は、交通費や宿泊費の負担は大です。

就活が短期集中型になったことで、アルバイトとの同時進行がしにくくなり、一時期に大きな出費が集中するのが現状です。

では保護者はどんな支援をしてあげたらいいのでしょうか。

保護者ができる支援1:キラーワードは「おカネ足りている?」

短期集中型スケジュールで、就活生は、毎日が多忙です。一喜一憂しながら走り続けるなか、「結果はどうだった」「今日はどこへ行ったの」と細かく聞かれても、答えられないことや答えたくないこともあります。声掛けにも工夫が必要なのです。

たとえば、保護者から聞いた声掛けの工夫として、「おカネ足りている?」というものがあります。このように声をかけてもらうことで、おカネが足りなくなるという状況を理解してくれていると感じるのです。「足りてないんだよね。だって実は今日こんなところに行ってね」というような話のきっかけにもなりやすいようです。

保護者ができる支援2:社会への関心を広げてあげる

就活解禁前からできる保護者の支援は、もっと身近なところにもあります。たとえば、報道番組やドキュメンタリーなどのなかから、子どもが関心のあるジャンルや業界に関する番組を一緒に見て、感想を交換しあうことです。

ニュースや新聞で報道されている、社会のできごとについて会話をしてみると、こうしたことを通じて、保護者と自分、社会人と学生の感じ方の違いを知ることができます。また自分らしさや自分の関心の高いところを自覚することもできます。時事問題に対する知識も深まります。

保護者ができる支援3:社会人としてのマナーや常識を示す

昨今の就活では、採用する企業側が普段の姿をみたい、という志向に変わってきています。1〜2回の面接で選考決定していいのかという問題意識もあり、日常生活のマナーなども含めて学生を多面的に見ようとしています。食事の所作やイスを戻す、靴をそろえる、などの日常動作が身についていないと、がっかりするという声をよく耳にします。

これこそ家庭生活のシーンの中で保護者がやってあげられる支援。言葉のクセやあいさつの仕方、敬語の使い方など、気づいたら注意して教えてあげることもよいでしょう。ただ理想は、身近に暮らす保護者の場合は、日常生活の中で自ら手本を示すこと。挨拶の仕方や食事のマナーなど、人としてあるべき姿を見せ、マナーを習慣化させることも、価値のある応援の仕方ではないでしょうか。

進路を決めるのは本人であること

保護者ができる支援4:本人の長所を教えてあげる

就活中のエントリーシートや面接はもちろん、社会に出てからも、「自分は何者か」を説明するシーンは多々あります。いわゆる自己PRです。

自分の強みを伝えるためには自己分析が必要ですが、保護者は本人や他人には見えていない長所を指摘してあげられる存在です。幼い頃からの姿を知っているからこそ、わかる長所を語ってあげることによって、自己理解を深める手助けをしてあげられます。学生も、自分が幼いころから変わらない部分などを聞くと、自分の価値や自分らしさに迷ったときに、納得できるのです。

そして最大の支援は、話を聞いてあげることです。実際、就活中の家族の関与で学生がうれしかったことの1位は、「励まし・癒し・心の支え・聞き役になってくれたこと」でした。

「あまり口を出さずに聞きの姿勢で、弱っているときに励ましてくれた」、「なかなか決まらなくても、プレッシャーをかけることなく応援してくれた」など、保護者が聞き、励ます姿勢が嬉しかったと、内定を決めてから振り返る学生が多くいます。どんなときも、自分の話に耳を傾けてくれる人がいるだけで、大きな心の支えになるのです。

さまざまな支援の形がありますが、なにをするにしても、自分の進路を決めるのは本人であるということを念頭に、本人に寄り添うことを第一に考えて応援してあげたいですね。