“兄貴”が女装で敵アジトに潜入!? ミシェル・ロドリゲス主演『レディ・ガイ』本編映像

写真拡大

 『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス主演映画『レディ・ガイ』より、本編映像の一部が公開された。

動画はこちら

 本作は、『ストリート・オブ・ファイヤー』『48時間』のウォルター・ヒル監督が手がけた復讐劇。性転換手術を施され女になった、凄腕の殺し屋フランク・キッチンが、復讐のために立ち上がる模様を描く。女に改造された元は男の主人公フランク・キッチンをロドリゲスが演じ、フランク・キッチンを改造したマッド・ドクターをシガニー・ウィーバーが演じている。

 このたび公開された本編映像は、フランクが敵のアジトに潜入する様子を捉えたシーン。元々は男のため不慣れな口紅を塗り、首をかしげながらセクシーな衣装を身に付け、金髪のウィッグをつけてアジトに向かうフランクの姿が捉えられている。

 本映像にも登場する銃を扱う場面についてロドリゲスは、「本当にすごく銃が好きで、指の動きひとつだけで何かをブッ壊せるとか、そういうところに魅せられていて、なぜこんなに銃っていうものを趣味で練習していたりして好きなのかと考えると、自分の中にすごく秘めたバイオレンスな部分があるのかなと思っていたんですよね。そのことをよく考えてみると、ある意味それはもろさとか弱さの裏返しだと思うんです。やっぱりそれはたぶん女性である、無防備であるっていうことを、これによって補足しようとしている。例えば、男性優位な社会であったとした場合、その男性の持っている存在感とかそういうものを、私は銃によって守ろうとしているのかなと思いました」と自身の考えを語っている。(リアルサウンド編集部)