池松壮亮が尾崎豊、満島真之介がブラッド・ピットになりきる!? 映画『君が君で君だ』2018年公開

写真拡大

 池松壮亮が主演を務め、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二が共演する映画『君が君で君だ』が、2018年に公開されることが決定した。

参考:池松壮亮がラブシーンに起用されまくる理由 そのドライで甘美な魅力を読む

 本作は、『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリー。好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描く。

 主演の池松は、日本の伝説のロックシンガー“尾崎豊”に、満島は、世界中の誰もが知るハリウッド俳優“ブラッド・ピット”に、そして大倉は、日本の歴史を大きく変えた“坂本龍馬”にそれぞれなりきる。『息もできない』などの作品で知られる韓国人女優キム・コッピがヒロイン役を務める。

 なお、池松は劇中で尾崎の歌を歌唱し、満島はピットになりきって英語を話し、大倉は「日本を今一度洗濯し候」という坂本の名セリフを披露するという。

【池松壮亮 コメント】尾崎豊という人には会ったことはありませんが、物心ついてからいつも隣で歩むべき道を教えてもらっていたように思います。目眩すらするこの街の中で、愛するという事に何回やっても答えが出ないので、もう一度松居監督と共に挑んでみようと思いました。

【満島真之介 コメント】オリジナル作品の持つ力を信じたい。その強い気持ちを持ち、素敵なキャスト、スタッフと共に普遍的である愛の物語に向き合いました。あの夏の熱量が、映画という風に乗ってたくさんの人に愛を届けてくれることを願っています。カムサハムニダ。サランヘヨ。

【大倉孝二 コメント】正直な話しをしますと、お話しをいただいて、脚本を読ませていただき、顔合わせ、本読みという段階で、腑に落ちないことや、捉えきれないことが多かったように思います。その後、監督、共演者との話し合いや、リハーサルを進めていくにつれ、この若い座組に無防備に飛び込むことを決めました。きっと無防備な芝居をしていることでしょう、痛々しいくらいに。

(リアルサウンド編集部)