血糖値を「見える化」する「FreeStyleリブレPro」

写真拡大

 「臭い物に蓋をする」ということわざがあるとおり、私たち人間は不都合なことを隠したり、見て見ぬ振りをしたりする生き物だ。たとえば健康診断――。数年にわたって「要観察」と結果が出ても、生活を見直さない人は多い。

 「健康診断の結果に注意を払わず、以前と変わらない生活を送って、視力低下やむくみといった糖尿病の合併症が現れて初めて受診する人もいるんです。軽症なら薬を使わずに、運動や食事だけでコントロールできる可能性が高いのですが......」と駅前つのだクリニック院長(東京都杉並区)の角田圭子医師は話す。

 糖尿病については、予備軍であるメタボの段階で意識を変えることが重要だと角田医師は実感している。そのためにどのようなことを取り組んでいるのか―ーを訊いた。

<血糖値のグラフ化>で変動が一目でわかる

 角田医師は29年にわたって糖尿病の治療に携わってきた。一口に「糖尿病」と言っても、原因は個人によって大きく異なるのだそうだ。

 「患者さん一人ひとりで病態も体質も食習慣も違います。そして性格も違うので、合併症を詳しく説明することが生活改善につながる人もいれば、『脅すつもりなのか』と怒り始める人もいるんです」

 角田医師は、患者との対話を重視しながら、食事療法や運動療法など治療の選択肢を患者に提示している。

 その選択肢の1つが、血糖の推定値が持続的に記録される機器「フラッシュグルコースモニタリング」だ。

 たとえば、2016年12月に発売された「FreeStyleリブレPro」(アボットジャパン株式会社)は、患者が装着することで組織間質液中のグルコース値(血糖値と同様の変動を示す。以下、血糖値とする)を15分おきに、最大14日間自動で記録できる。

 直径が35mm、厚さが5mmの丸いセンサーを患者は上腕に貼り付けて、入浴や睡眠など、通常と同じ生活を送る。測定されたデータから、一日の中でいつ、どの程度血糖値が変動したかがグラフ化される。

 「グラフだと、血糖値の上昇の原因が何か、一目でわかる。たとえば『お昼に肉まんを食べたから一気に血糖値が上がった』と患者さん自身がその原因を理解します。『肉まんはやめておこう』と、行動の変化が現れやすくなります」

厳しい食事制限も運動も必要ない

 角田医師は糖尿病ではないが、患者に勧めるうえで「FreeStyleリブレPro」を自分自身で装着してみた。「痛みや違和感はありません。装着していることを忘れて生活していました」と語る。

 そして、宴会に出席したときや食事を抜いたときなどで、血糖値がどのように変動するのかを確かめた。自らの体でモニタリングしたのである。

 「たとえば、宴会でたくさんの料理が出ても、2〜3時間かけてゆっくりと食べると血糖値はほとんど上がらない。また、食欲がないのに無理をして朝食を取らなくても、血糖値がグングン下がる――ということはありませんでした」

 「ヒトは飢餓に耐えて生き残ってきたという歴史があります。1食抜いたぐらいで血糖値に大きな変動はないのかもしれない、と自身データをチェックしながら納得しました」

 「FreeStyleリブレPro」(参考:アボットジャパン「FreeStyleリブレProの公式HP」)は、インスリン製剤とGLP-1受容体作動薬を服薬している患者などの場合、一定の要件を満たす医療機関だと保険適用の対象だ。

 「患者さんの中には、『食べないと元気がでない』『体がもたない』と訴える人も少なくありません。このような人には私が言葉で説明するよりも、測定した血糖値の変動を視覚的に示すほうが、ご自身が納得して食習慣を変えていきやすいようです」

 糖尿病の予防・改善のために、食べる喜びをあきらめたり、ストイックな運動を強制されなくてもいい。「大切なのは<意識を変える>こと。その第一歩は自分自身をよく知ることです」と角田医師は語った。
(取材・文=森真希)

角田圭子(つのだ・けいこ)
駅前つのだクリニック院長。医学博士。日本糖尿病学会認定専門医・指導医。日本内科学会認定内科医。和歌山県立医科大学卒業。関西医療大学内科学講師、木村病院内科、河北総合病院内科を経て駅前つのだクリニックを開設。糖尿病をはじめ、生活習慣病の管理全般を中心とした専門性の高い診療を行っている。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。