20日、中国のポータルサイト・今日頭条に掲載された「中国人観光客は日本の家をうらやましがっている」との文章に、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は日本の住宅。

写真拡大

2017年12月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に掲載された「中国人観光客は日本の家をうらやましがっている」との文章に、中国のネットユーザーが反応を示している。

中国では至るところに高層マンションが建てられているが、文章は「日本人は低層の建物に住み、一戸建てで暮らす人も少なくない。日本は面積が狭いのにどうして一戸建てで暮らせるのだろうと疑問に思う人も多い」「たくさんの中国人観光客が日本人の家に好感を持っている」などと紹介する。

その理由として挙げているのが「日本人の生活にみられるゆとり」で、文章は「地震が多い日本では低層の方が比較的安心とされている」と説明した上で「日本人の家は快適で便利。一軒家で園芸を楽しんだりペットと暮らしたりできる生活はとてもゆったりとしている。中国の高層マンションのような雑多感はなく、多くの観光客がこの点をうらやましいと感じている」とつづっている。

この指摘に「日本人は貧乏だから高層マンションを買うことができないんだ」という声が上がる一方、「私も日本の家は好き。自分のものになるから好みに合わせて建てることができる」「高層マンションと庭付き一戸建て、みんなならどっちを選ぶ?」「東京もニューヨークも同じ。マンションの高さは低くても住み心地は良い」といった声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)