CC・サバシア

写真拡大

 米大リーグ、ヤンキースが26日(日本時間27日)、自軍からフリーエージェント(FA)になったCC・サバシア投手(37)と1年契約で合意したことを発表した。米メディアによると、年俸は1000万ドル(約11億3千万円)という。

 現役2位の通算237勝を誇るサバシアは09年からヤンキースで9年間でプレーし、120勝をマーク。今季は自身4年ぶりの2桁勝利となる14勝5敗、防御率3・69だった。

 ヤンキースの来季の先発ローテーションは田中、セベリーノ、グレイの3本柱のほかに、モンゴメリーが候補に挙がっている。