バスクのチーズケーキ 「セバスチャン」が日本で再現

写真拡大 (全4枚)

 濃厚なコクとクリーミーさが特徴のスペイン・バスク地方のチーズケーキ。東京の「セバスチャン」がこの「バスクのチーズケーキ」を再現し、12月27日に受注生産(完全予約制)の受け付けを始めた。

 世界でも美食文化で名をはせる地方の一つ、バスク。なかでも“聖地”と称されるサン・セバスチャンにある著名なスペインバル「 La Vina(ラ・ヴィーニャ)」では、バスク料理に加え、看板メニューのチーズケーキを目当てに多くの観光客が足を運ぶ。これに感銘を受けて日本で再現、誕生したのが、このバスクのチーズケーキ。表面が黒く、しっかりとした焼き色が最大の特徴。その黒い外層から、カラメリゼされた香ばしさが広がり、ほのかな苦みがクリームチーズ本来の酸味とコクに深みを与えている。

 ベイクドチーズケーキの濃厚なコクと、レアチーズケーキのクリーミーさの双方を持ち合わせる、チーズケーキ好きにはたまらない一品。年末の息抜きスイーツにとも思ったが、オンラインショップでは早くも「売り切れ」日続出。気長に注文可能な日を待とう。税込6,480円。