米アマゾン・ドットコムが、防犯カメラやビデオドアホンなど、住宅用のセキュリティ機器を手がける米国の新興企業を買収した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

100万ドルの資金調達に成功した新興企業

 その目的は分かっていないが、「Amazon Echo」をはじめとするAI(人工知能)アシスタントの分野で、スマートホーム関連のサービスや製品に注力していくことが、狙いではないかと、海外メディアは報じている。

 アマゾンが買収した企業は、ブリンク(Blink)と言い、マサチューセッツ州ボストンから30キロメートル離れたアンドーバーに本社がある。従業員50人ほどの小さな企業で、創業は2014年。クラウドファンディングで100万ドル(約1億1300万円)の資金を調達し、2016年に本格的な事業を開始した。

安さが売り文句のセキュリティ機器

 ブリンクの製品には、屋内や屋外に設置するセキュリティカメラがあるが、他社製品との違いは、価格が99ドルからと安価なこと。配線が一切不要で、設置が容易なことも同社製品の特徴。カメラが捉えた映像は、Wi-Fi経由で利用者のスマートフォンに映し出す。単3電池2個で、1年稼働するという点も優れていると米ザ・バージは伝えている。

 ブリンクは2016年1月に、このカメラの屋内用モデルを発売したあと、12月初旬に屋外用モデルを発売した。

 また、12月17日の週には小型のビデオドアホンも発表。こちらもカメラで捉えた映像をスマートフォンに映し出すという仕組み。玄関ドアの前にいる来訪者がビデオドアホンのボタンを押すと、スマートフォンに映像が映し出され、それを見ながら応対できる。

 このビデオドアホンも価格が99.99ドルからと、価格競争力が高い。薄利多売を経営理念とするアマゾンが、この新興企業に興味を抱いたのも不思議ではないと、米スラッシュギアは伝えている。

 ブリンクの声明は、当面、アマゾン傘下の企業として、これまでどおり、製品の販売と顧客サポートを続けるとしており、同社はアマゾン事業との連携について何ら明らかにしていない。だが、ブリンクの製品が、アマゾンのAIアシスタントサービス「Alexa」に対応している点が興味深いと言えそうだ。

アマゾンが狙うスマートホーム関連サービスとは

 もう1つ、興味深いのは、アマゾンがここ最近、スマートホームやホームセキュリティ関連の分野に取り組んでいる点。

 例えば、同社は10月に「Amazon Cloud Cam」というセキュリティカメラを発売した。

 これは、有料会員プログラム「Prime」の会員向けに始めた、不在時宅内配達サービス「Amazon Key(アマゾン・キー)」に用いるカメラだ。

 米国では、商品配達時に受取人が不在の場合、荷物を玄関ドアの前に置いていくのが一般的。しかし、この方法では、商品が雨に濡れたり、盗難に遭ったりするといった問題がある。

 そこで考えたのが、この新サービス。配達ドライバーが、顧客自宅の玄関ドアの鍵を開け、商品をドアの内側に置き、再び施錠していくというもので、スマート電子錠、スマートフォン用アプリ、屋内セキュリティカメラの3つを組み合わせ、安全を確保する。

 さらにアマゾンは、これを発展させ、不在時でも、ハウスクリーニング、リフォーム・修繕、水道工事といった住宅関連サービスを依頼できる仕組みを計画している。

 一方、ブリンクは、その事業展開の一環として、顧客宅を遠隔監視するホームセキュリティサービスを計画している。

 こうして見ると、アマゾンとブリンクは実に相性が良い企業と言えそうだ。

 アマゾンは今後、ブリンクの技術を使ってAmazon Keyのセキュリティを高めていくのか、あるいは、自らホームセキュリティ市場に参入するのか。今のところ次の展開は、まったく分からない。だが、少なくとも、この動きが競合企業に脅威を与えることは、間違いなさそうだ。

(参考・関連記事)「アマゾンの新システム、再配達解消のカギとなるか」

筆者:小久保 重信