店名の「Uki Uki」は人気テレビ番組だった「笑っていいとも!」のテーマ曲が由来。開店準備を進めているときに番組終了を知ったのがきっかけ

写真拡大

2018年に開催されるワールドカップで、日本と同組になったことでも注目度がアップしている国・ポーランド。その首都ワルシャワのレストラン人気ランキングでトップに君臨するのは、日本人が経営するうどん屋だ。2013年に「和食」がユネスコの無形文化財に登録されて以来、日本食ブームが加速。世界各地で日本食がブームになっているという。かといって、すべての店が人気店になれるわけではない。その成功の秘訣を探ってみた。(ライター ミハシヤ)

ワルシャワNo1.の人気レストランは
日本人経営のうどん屋!

 レストラン検索サイト「Zomato」(日本の「食べログ」のようなもの)ワルシャワ版で、「人気の高い順」で検索をかけると、トップに表示されるのは「Uki Uki(ウキウキ)」。2015年に開店した日本人経営のうどん屋である。

 ポイントは4.9でトップタイだが、口コミの数が多いので最初に表示される。ちなみに、「日本食」「アジア料理」などの条件は入力していないので、すべてのカテゴリーの中でトップということになる。つまり「Uki Uki」は、ワルシャワで今、最も人気のレストランといっても過言ではない。

 レビューを見ると、下記のような賛辞のコメントが並ぶ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)