BMWは12月19日、現在開発を進めており、2018年末に発表を予定している新型「BMW X7」のプリプロダクションモデルの生産を開始したことを発表し、その模様を一部公開した。

 

 

新型X7は、BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)である「X」シリーズの最上級モデルに位置付けられ、3列7名乗車のキャビンを備えることがすでに判明している。

 

 

この新型X7は、X3やX4、X5、X6と同様に、米国サウスカロライナにあるBMWグループのスパルタンバーグ工場で作られる。公開された動画ではプリプロダクションモデルの生産の様子が確認できる。

 

 

ボディにカムフラージュが施されたプリプロダクションモデルは今後、開発部門に引き渡され、砂漠や氷雪地域を始めとする過酷な条件下を含めて厳しいテストが行なわれる。