クロスビー。(画像:スズキ発表資料より)

写真拡大

 スズキは新型の小型乗用車クロスビーを25日に発売した。ワゴンとSUVを融合させた、全く新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンであるという。

【こちらも】スズキ、新型「スイフトスポーツ」発売、初の3ナンバーボディ採用

 クロスビーは、ワゴンらしい使いやすい広い室内空間と、SUVらしい「楽しさ」を融合させ、日常的に使いやすく、個性的で愛着の湧くデザインを持ち、また雪道などのラフロードに対する力強さも兼ね備えた車となっている。街乗りからアウトドア、スポーツまで、幅広いライフスタイルに対応する。

 安全面では、スズキの予防安全技術「スズキセーフティサポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキの小型車では初となる、「後退時ブレーキサポート」も装備する。

 周囲360度を視認可能とする「3Dビュー」も採用し、安全支援機能は充実。経済産業省・国土交通省の「セーフティ・サポートカー」、「サポカーSワイド」の条件を満たしている。

 車体構造には、軽量化と高剛性の両立を実現する新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。また、全車にスズキでは初となる1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせを採用、6速ATによる余裕のある走りと、優れた燃費性能も実現している。

 4WDモデルには、力強い走りの「スポーツモード」と、雪道やアイスバーンなどで空転を防止する「スノーモード」を採用。ぬかるみやすべりやすい路面での発進は「グリップコントロール」でサポートされ、急な坂を下るときのスピードは「ヒルディセントコントロール」により約時速7キロに維持される。

 車体色は全11パターン。2トーンルーフが6色、モノトーンが3色、ルーフとドアスプラッシュガードのカラーパネルを組み合わせた3トーンコーディネートが2色である。

 価格は176万5,800円〜214万5,960円。