立憲民主党・枝野氏(左)は大塚耕平・民進党代表(中央)の統一会派の呼びかけに否定的、希望の党・玉木氏(右)は前向きだが、民進党内に根強い反対(撮影:中央のみ今井康一、ほかは尾形文繁)

御用納めを目前にした永田町で、生き残りに躍起となる民進党の右往左往が他党の冷笑にさらされている。巨大与党打倒のための民進系再結集を狙った「新党結成」構想も、相変わらずの「党内バラバラ」で不発に終わり、12月26日の合同会議では元仲間の立憲民主党と希望の党に「3党統一会派」を呼びかけるというその場しのぎの方針でお茶を濁した。

しかし、大塚耕平代表が再結集のため打ち出した捨て身の新党作戦に異論が噴出して離党ドミノが続く中、蓮舫前代表までが合同会議後に離党、立憲民主党入りに踏み切る事態に。年末の党内大混乱で、党再建や再結集は「元の木阿弥」(民進若手)になった。

民進党は合同会議後、古川元久幹事長が立憲民主、希望の両党幹事長に次期通常国会での民進系3党による「統一会派結成」を打診したが、立憲民主は拒否した。希望は対応を留保したが、民進・希望両党の統一会派については民進党内の反対論が根強く「統一会派結成は極めて困難」(民進長老)な状況だ。民進系3党の間では野党第1党の座をめぐる軋轢(あつれき)も顕在化しており、年明け以降も民主党時代と同様の「決められない政党」の迷走が続きそうだ。 

ベテランの反対で「結論先送り」

民進党は25日の常任幹事会と26日の両院議員総会・全国幹事会合同会議で党再建策を協議した。その結果、当面は新党結成と党名変更を見送り、党を存続したまま基本政策や党組織の見直しを進め、立憲民主、希望両党には統一会派結成を打診する方針を確認した。民進党内には「次の参院選を戦えない」との危機感から早期の新党移行を主張する向きも少なくなかったが、岡田克也元代表らベテラン議員が党存続を強く主張したため、大塚代表も「結論先送り」を余儀なくされたのが実態だ。 

党執行部は、(1)安全保障関連法の違憲部分の削除、(2)森友・加計学園問題の徹底追及、(3)長時間労働規制、などでの「共闘」を前提に統一会派を打診する方針を確認した。しかし、枝野・立民代表は「永田町の数合わせの論理に乗ったら自己否定になる」と統一会派結成も拒否する姿勢を変えなかった。

これに対し、希望の党・玉木代表は「申し入れがあれば真剣に検討する」と述べる一方で、「(国会での共闘には)一定のルールと政策合意が必要だ」と条件を付けていた。さらに、民進党に含まれる衆院会派「無所属の会」のメンバーは、合同会議に先立ち、統一会派打診は認めるが希望の党全体とは組むべきではないとの方針を確認した。

枝野氏は21日の日本記者クラブでの記者会見で、10月の衆院選直前に民進党が3分裂したことについて「1996年の民主党結党から続いてきた『大きな塊論』の行き着く先が分裂だった」と総括。「政権交代を自己目的化した結集論で国民の支持を失った」と指摘した上で、「我々が主張した『真っ当な政治』に集まった支持に応えるためにも、小さな政党での草の根からのチャレンジが最優先」と、民進再結集論を否定した。

一方、枝野氏に続いて22日に記者会見した玉木氏は「我々が目指すのは『中道のど真ん中』の政党」と強調。古巣の民進党について「ここ数年間、左に寄りすぎたきらいがある。コオロギは食えても、イデオロギーで飯は食えない」と冗談交じりで批判し、リベラル勢力とは一線を画す「寛容な改革保守」政党として政権交代を目指す立場を明確にした。

枝野氏「希望とだけは一緒にやれない」

ただ、政策マンらしい両氏の政治理念や政策アピールの裏側には、民進3分裂の際の感情のもつれも際立つ。玉木氏は「特別国会での与野党攻防をみても、やっぱりバラバラではダメ」と将来の再結集への期待を隠さないが、枝野氏は「希望とだけは一緒にやれない」とにべもない。希望の党を結党した小池百合子東京都知事に排除されたことが立憲民主結党の原点だからだ。

メディア各社の世論調査でも立憲民主の政党支持率は10%前後を維持しており、1〜2%に低迷する民進、希望の両党に大差をつけている。このため枝野氏は「わが党の政治理念や政策に共感する議員の入党は歓迎する」と野党第1党としての勢力拡大に意欲を示す。すでに、有田芳生、江崎孝、風間直樹各参院議員が民進を離党し、立憲民主入党の手続きを取ったが、「枝野氏の引き抜き」(民進執行部)とみられている。

さらに、無所属の山尾志桜里衆院議員(元民進党政調会長)も26日に立憲民主に入党した。同氏は9月の民進党代表選後にいったん幹事長就任が内定しながら、週刊誌に報道された「ダブル不倫疑惑」で離党し、衆院選を無所属で戦って当選した。選挙後は無所属のまま立憲民主の会派に所属して活動していたが、党執行部が山尾氏入党に踏み切った。

そうした中、民進党の「離党ドミノ」もなお拡大した。抜群の知名度で民主党以来のスターだった蓮舫元代表が合同会議後に離党届を提出、そのまま立憲民主に入党届を出したからだ。蓮舫氏はかねてから党執行部の再建案を批判しており、25日に枝野氏と会談した際、民進離党の意思を伝えていたとみられる。民進党内では元テレビキャスターの杉尾秀哉参院議員ら10人前後が「離党予備軍」とみられており、蓮舫氏の離党で一気に立憲民主入りに雪崩を打つ事態となりそうだ。

蓮舫氏らは政治理念が立憲民主に近く「希望の党とは一緒にやれない」(蓮舫氏周辺)との意識では共通している。大塚代表が自ら打ち上げた新党結成を見送ったのも、「強行すれば再分裂で党が崩壊する」(党長老)との危機感からだったが、離党ドミノは止まらなかった。

こうした中、衆院会派「無所属の会」代表で民進党常任顧問でもある岡田氏は、「野党第1党の大分裂は信じられない。我々は20数年間何をやってきたのだろう」と慨嘆した。同氏は新党への移行にも反対で、党組織を維持した上で時間をかけて再建に取り組むべきだと主張してきた。一方、「民進分裂のA級戦犯」とされる前原誠司前代表は「あの(希望の党合流という)決断についてはまったく後悔していない」と開き直り、希望の党の一員として活動を続ける。民主党時代も含めて複数回党代表を務めた「党の顔」の両氏のこの対照的な態度が、「バラバラ民進」を象徴している。

党再建も「カネの切れ目が縁の切れ目」に

新党結成を目指しながら結局、現時点での党存続を選択した最大の理由は、ほとんどが政党交付金とされる70億円という「党の貯金」の存在だ。政党助成法からみて、解党・新党結成となれば、他党への吸収合併か「分党」でない限り、使い残しの交付金は国庫に返還しなければならない。過去に解党したみんなの党や維新の党も相当額の交付金を返納している。党存続にこだわる岡田氏は「新年以降、民進党の交付金は激減するので、70億円などすぐなくなる」と“カネ目当て”を否定するが、党運営のため銀行から数億円を借り「人生で初めて保証人になった」と肩をすくめる玉木・希望代表からみれば、「民進党は大金持ち」でもある。

玉木氏が民進との統一会派結成に前向きなのは、将来的に民進の希望合流が実現すれば「巨額の貯金もついてくる」(希望幹部)という計算から、と勘繰る向きも少なくない。その一方で、立憲民主入りを窺う民進議員達からは「所属全議員の貯金なのだから、分党して公平に配分するべきだ」との声も相次ぐ。それだけに、民進党の党再建作戦は「カネの切れ目が縁の切れ目」ともなりかねない。


蓮舫氏も離党届。まだ予備軍が続きそうだ(撮影:尾形文繁)

「不協和音」と「クリスマス・イブ」の明暗

民進再結集のため解党・新党結成を目指し「クリスマスまでに結論を出したい」と必死に調整を続けた大塚氏は、26日の合同会議で「結論先送り」を確認した直後の蓮舫氏離党にがっくりと肩を落とした。対照的に枝野氏は、入党届を持って面会を求めた蓮舫氏を満面の笑顔で歓迎した。

「政界のカラオケ帝王」と呼ばれる枝野氏の現在の十八番は欅坂46の「不協和音」とされる。カラオケに行けば、声量豊かに「不協和音を僕は恐れたりしない」と拳を振り上げる。対する大塚氏に似合うのはクリスマスソングの定番「クリスマス・イブ」だろう。「心に深く秘めた想い〜叶えられそうもない〜きっと君は来ない」。アップテンポと物悲しいバラードの対比が枝野、大塚両氏の明暗を映し出す。

民進党初代代表の岡田氏は2017年を振り返って「ひどい以外の何物でもない」と嘆いたが、年明け以降も民進党の混乱と苦悩は続く。政党交付金絡みの大晦日ギリギリの離党・入党騒ぎもなお続くとみられる中、再結集をめぐる枝野、大塚、玉木3代表の初夢は、果たして「希望」か「絶望」か。