東大クイズ王(左端)は三宿菜々に興味なし?/(C)AbemaTV

写真拡大

12月21日に放送された「極楽とんぼKAKERUTV」(AbemaSPECIAL)で、ことしの“M-1”王者であるとろサーモン・久保田かずのぶが、ドッキリで見せた“クソ行動”にスタジオが騒然となる場面があった。

【写真を見る】スレンダーボディー・三宿菜々、ミニスカ“美人AD”に扮(ふん)して甘いわな!?/(C)AbemaTV

同放送回では、“芸人のクイズ力にかける!極楽クソクイズ”と題し、極楽とんぼの2人から出題されるクイズに、ゲストとして登場した筧美和子、中村静香、そして“東大クイズ王”伊沢拓司の3人が回答していった。

1問目のクイズは、極楽とんぼが「M-1グランプリ2017」のチャンピオンである、とろサーモン・久保田に仕掛けた、ドッキリに関するクイズ。加藤浩次が、1口50万円から参加できるといううそのもうけ話を持ち掛け、久保田は一体いくらお金を出すのか予想することに。

回答者の筧は「4口の200万円」、中村はさらに多い「5口の250万円」と予想し、クイズ王の伊沢は、久保田の疑っている様子から「1口の50万円ではないか」と予想した。

正解VTRが流れ、いつまでも疑い続ける久保田に対し、加藤が「テリー伊藤さんも入れるって」と、テリーの名前を出すと、一気に信用度が増したのか、久保田は「やろうかな、2口のります」と、100万円支払うことを決断した。

しかし、それでも疑い続ける久保田は「すみません! 疑ってるわけじゃない」と言いながら、加藤や山本圭壱から話を聞いたという証拠を残すため、2人に資料を持たせ証拠写真の撮影を始める。

そんな、久保田が見せたまさかの“クソ行動”にスタジオは爆笑。加藤も「先輩に対してすごい失礼なことやってるな」と話し、笑いが起きた。

3問目の“クソクイズ”は、この放送中に行われていたというドッキリからの出題で、「東大クイズ王・伊沢は、女性ADのパンチラを何回見たでしょう?」という内容だ。

実は、番組ADに扮(ふん)していたのは、“崖っぷちグラビアアイドル”の三宿菜々で、伊沢に見える位置で、わざとパンチラをしながらカンペを出していた。

伊沢は合計で何回パンチラを見たか?という予想に、筧は「22回」、中村は「80回」と回答。そして、伊沢は「このクイズは僕が1番優位だと思うので」と語り、3回と答えた。

正解が発表され、3回と正直に答えた伊沢は見事に正解。この回数に、三宿は「これ自分のパンツなんですよ、だからもっと見てよ!」と物足りなさをアピールし、加藤は「やっぱ東大王は自分のやった記憶がしっかりあるんだね」と感心していた。(ザテレビジョン)