尹淳九次官補(左から2人目)=(聯合ニュース)

写真拡大

【北京、ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹淳九(ユン・スング)次官補が26日、今月半ばに行われた韓中首脳会談の後続措置などを協議するため、北京を訪問した。

 尹氏は27日午前、北京で中国外務省の孔鉉佑外務次官補や張業遂筆頭次官と面談し、韓中首脳会談などで合意した内容の後続措置を協議する予定。

 今回の韓中高官協議で双方は経済長官会議などをはじめとする77の局長級以上の政府官庁間の協議チャンネルを全面再稼働するという韓中首脳の合意の早期履行について意見交換するものとみられる。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備で対立していた両国は10月末に関係改善で合意したものの、中国は期待されていた合意の効果を出せずにおり、これについて尹氏は報復とみられる措置の解除が早期に行われなければならない点を強調するとされる。また山東省での韓国団体ツアーの販売が再び中止されたとの内容についても協議するものとみられる。

 また文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中に同行した韓国メディアのカメラマンたちが中国の警備担当者から集団暴行を受けたことに関連し、中国側が調査結果などを出すかについても注目される。中国側がTHAADと関連し、韓国に追加措置を要求する可能性もある。 

 尹氏は27日午後、在中国大使館で協議内容を説明する記者懇談会を行う予定だ。