中国航空工業集団公司が自主開発した中国初の大型水陸両用機・AG600「鯤竜」が24日午前9時30分頃、広東省珠海市金湾空港から陸上の初飛行を実現した。

写真拡大

中国航空工業集団公司が自主開発した中国初の大型水陸両用機・AG600「鯤竜」が24日午前9時30分頃、広東省珠海市金湾空港から陸上の初飛行を実現した。これは世界で研究中のうち最大の水陸両用機が、開発から試験飛行の段階に正式に移ったことを意味する。同機は来年に水上からの初飛行を実施する予定。北京日報が伝えた。

同社の関係者は、「これは飛べる船であり、泳げる飛行機でもある。中国の3つの大型機の一つであるAG600は、世界で研究中のうち最大の水陸両用機であり、中国の大型水陸両用機の開発の空白を埋めた。中国が自主開発した大型輸送機の運−20、大型旅客機のC919に続き、国産大型機ファミリーに重量級の新メンバーが加わった」とした。

情報によると、AG600は中国の森林火災の消火・海上救助というさし迫ったニーズを満たすため初めて開発された大型特殊用途民間機で、国家緊急救助体制の構築に必要な重大航空装備品でもある。水陸両用、高積載、長航続距離、適度な上昇限度、幅広い速度範囲、優れた超低空飛行性能などの特長を持つ。そのため火災観測・森林火災の消火、海難捜索・救助、海洋権益保護、海洋環境観測・保護などに特に適している。また、海洋観測、密輸取締、環境・資源観測、空輸、航空観光、個人の公務といった分野にも活用でき、高い将来性を備えている。

陸地でも水面でも離着陸が可能となっており、水源と火災現場の間を何度も往復することで消火活動を展開する。効率的な消火活動は、AG600の大きな長所だ。20秒で12トンの水を汲みあげ、1回で4000平方メートル以上の面積に水を撒くことができる。海上救助能力が高く、迅速に反応・到達する。波の高さが2メートル以内であれば離着陸でき、1度に50人の遭難者を救助できる。

AG600は自主革新を貫き、国内のサプライヤーからの供給を中心とした。全機で5万以上の構造と部品のうち、98%が国内のサプライヤーから提供されている。全機に搭載されている完成品のうち、95%以上が国産品。システム級サプライヤー20数社を育成し、国内の民間航空機製造メーカーの発展をけん引した。

中国共産党中央委員会と国務省は、AG600の初飛行成功に宛てた祝電の中で、「大型消火・水上救助水陸両用機であるAG600は、中国が初めて中国民間航空運航ルールに基づき開発した大型特殊用途航空機であり、国家緊急救助体制の構築に必要な重大航空装備品だ。初飛行の成功は、中国航空産業特殊用途航空機の開発能力の重大な進展を意味する。これは大型旅客機C919の初飛行成功に続く、中国民間航空産業発展の重要な節目だ」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)