U-21代表率いる森保一監督、就任後初の公式戦へ 「頂点を目指す」《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽日本サッカー協会は(JFA)は26日、来月9日から中国で行われるAFC U-23選手権に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽同代表監督就任後初の公式戦となる森保一監督は、「良いベースができるように」と述べ、その先に待つ“大舞台"東京オリンピックに向けた下地作りの大会と位置づけつつ、選手の成長と見極めと共に「優勝を目指したい」と意気込んだ。

◆森保一監督(U-21日本代表)

「来年に行われるアジア選手権に向けて、どんな大会でも1試合1試合の勝利にこだわっていく。成果にこだわっていくということで、この大会でも頂点を目指してやっていきたい。また、このアジア選手権は私が監督としてこの12月にタイで行われたM-50カップに続いての大会参加になるが、初の公式戦ということで、AFCでのレギュレーションで、チームとしてもその中でやって成長できればと思っている。2回目の大会活動だが、タイでの大会と違って大幅に選手を変えて参加するということで、この年代の選手を幅広く見ながら、大会でも良い成果を挙げるられるようにできればと考えている」

――今大会における強化方針について。また、FW久保建英(FC東京)の選外理由について

「内山(篤)監督が率いたU-20ワールドカップのメンバーを多く招集させてもらえることになった。タイの選手と違ったメンバー、この年代では世界大会を経験した選手が多く来てくれるということで、その選手たちがどういうパフォーマンスを見せてくれるのか、そして、これからのポテンシャルをどう見せてくれるか、というところをチーム全体で見ていきたい」

「私がやろうとするコンセプトという意味でも、チームとして浸透させていく、少しでも多くの選手に分かってもらうという意味で、多くのメンバーを変えてこの大会に臨んでいる。練習やミーティングで落とし込みができるように、コミュニケーションを取りながら言葉で伝えていくということを1人でも多くの選手にわかってもらえるように、また次のステップに向かって良いベースができるようにしていきたい」

「選手の招集についてだが、私と西野(朗技術委員長)さん、日本サッカー協会と各クラブの話の中で、まず『プレーヤーズ・ファースト』という観点から(決めた)。どの選手もハードワークをしているが、1年間の出場時間が長かったり、色々なカテゴリーでプレーして心身共に疲労しているだろうと思われる選手は、来てもらって見たいというのはもちろんあるが、『プレーヤーズ・ファースト』ということで、少し休んでもらって、また新たな機会で見させてもらう、ということをした方が良いだろうということでクラブとも調整して招集していない。そこは久保だけではなく、何人かの選手はそういった観点から招集をしないということはある」

――タイ遠征に続き招集された選手について

「まずはパフォーマンスが良かったということ。他にもポテンシャルを見せてくれた選手、まだまだ伸びるだろうなという選手はいるので、もっと連れていってあげたいとは思う。中国でのアジア選手権では違う選手も見ながらチーム作りをしていこうということで、今回は6人の選手に、パフォーマンスとポジション的なバランスも見ながら、継続して来てもらうことになった」

――最初の公式戦ということで、戦い方として変化は。また、MF登録の選手が多い理由について

「公式戦での戦い方にタイとの違いがあるかとのことですが、違いはない。公式戦であろうと、違う大会だろうと、色々な試し方とかポイントが違うことはあると思うが、全て勝負にこだわっていくことは練習試合でも公式戦でも常に考えていきたいし、選手やスタッフにも勝ちにこだわることは求めていきたい。今回のアジア選手権だからという特別なことはなく、ベストを尽くしてやっていくことに変わりはない」

「もう1つの質問ですが、MFが確かに多い。選手には複数のポジションをやってもらおうと思っていて、FWの選手の中盤をやってもらったり、中盤の選手は守備に回ってもらうなど、複数のポジションをやってもらいたいと思っている。ポジションは中盤の選手を多く集めたわけではない」

「今後の招集に当たっても、前回のタイでの大会のときにも、選手には複数のポジションをやってもらうと伝えている。今回もそうだが、フィールド20人、GK3人で最大6試合をやっていく。五輪を見据えても、中2日で18名でMAX6試合を戦わなければいけない。その中で、GKは別だが、1人が1つのポジションしかできないと、ケガや疲労などコンディションの部分でチームとして機能しなくなる」

「機能不全をなくすためにも、選手には複数のポジションをこなしてもらい、ケガ人やコンディション不良の選手がいてもチームとしての力、機能は落とさずに、様々なオプションを持ってやってもらえるようにしていきたい。私自身はあまり深くポジションは気にしていない。今後、練習を見て、ある程度ポジションは分けていくとは思う」

――年齢的に年上の相手との大会になる。今大会の目標について

「前回(大会)よりも高いところにということはやっていきたいとは思うけど、全部の試合をこなして決勝までいって、優勝を目指したい。相手は2歳年上のメンバーを中心に編成してくるチームが大半だが、そこのチームとマッチアップしたときに、同等の試合をしてもらえると思って招集しているので、年はあまり気にしていない」

「この12月のタイでの大会でも、対戦相手はU-22のチームがほとんどだったが、その中でも選手には相手はカテゴリーが上だとかは一切言わずにやってきた。世界を見据えて彼らの成長を考えたときに、この年代では2つ上の選手と対等に戦えなければいけないと思ってやっている。年上のメンバーにも勝ってやるという強い気持ちで臨んでほしい」

――ステップアップのイメージについて

「まずは、個の力を上げてもらえるように選手には働き掛けていきたい。そこに向けて、私を含めてスタッフもサポートしていくということ。プラスして、組織で戦うんだということは練習でもミーティングなどで言葉で伝えるという部分でも選手に働きかけていきたい。大枠はみんなで力を合わせていくという部分。個の強さも求めるが、組織としてやっていくということを同時に練習で伝えていきたい」

「サッカーの攻撃には、速攻も遅効もある。守備もボールを奪いにいく守備と相手にやらせない守備、そういうところも含めて全員でバランスを持って攻撃し、全員で守備をしていくことを練習でもやっていきたい」

――メンバーを見ると、天皇杯決勝に残っているメンバーもいる。そのあたりについて

「選手の招集についてはリストアップをさせていただいて、後は協会の方と西野さんにクラブの方とコミュニケーションを取っていただいて招集させていただいた。天皇杯決勝まで行って休む機会もないと思うが、それも含めて上の方にお任せしているので、今回来てくれるということで、本人の意思とクラブが派遣してくださるということなので感謝したい」

――所属クラブだと1つのポジションで練習する選手も多い。この期間でどのような練習を求め、またクラブにそのような話はしているのか

「複数のポジションと言ったが、そこは言葉の1人歩きをしてほしくないなと思う。まずは選手は日常クラブで練習して、代表に来てプレーしてもらうということ。代表でも短い活動期間の中で成長していくし、働きかけていきたい。クラブに戻ったときに、選手をクラブの財産として、少しでも価値を高めようと働きかけていると思うで、それを代表でも生かして、クラブに戻ってもらいたい」

「代表とは違うポジションと言われたが、そういうケースもあるかと思う。複数のポジションをやることについては、“何でも屋"になるわけではなくて、まずは選手のスペシャルな部分、特長を生かして伸ばしていくというのはクラブの皆さんが考えていることと同じ。まずはスペシャルなものを磨いてもらう。プラス、違うことができれば本人のさらなる成長に繋がるのではないかと。最初からFWもできて、DFもできてではなく、攻撃に特長がある選手であればそこをしっかりと見て伸ばしていってあげたい。そこにプラスアルファのことができるように、選手を見て伝えていきたい」

――昨年のU-20ワールドカップを取材に行き、日本の選手はプレーもうまく、指導者の言うことを聞く良い選手が多かった。ただ、リーダーシップを取れる選手がいなかった。現時点でキャプテンは

「キャプテンを誰にするかは、現時点で考えていない。練習を見て決めたい。リーダーシップを取れる選手は、決めて出てくるものではない。自然とグループの中にいて、リーダーシップを取っている選手が見えてくる。元々持っているもので、性格的にリーダーとしてずっとやってきたという選手は自然に見えてくると思うので、見極めていきたい」

「U-20ワールドカップでリーダーシップのある選手が見えなかったということだが、そこは選手のキャラクターも色々ある。ただ、どの選手も世界の高みを目指すという胸に期する思いは間違いなくある。その思いを見ていきたい」