対戦したい選手と聞かれ大谷翔平と答える平野佳寿=青濤館(撮影・持木克友)

写真拡大

 オリックスから海外FA権を行使して大リーグ・ダイヤモンドバックス入団が決まった平野佳寿投手(33)が26日、大阪市内のオリックス球団施設で会見を開いた。

 「少しホッとしています。向こうに行くだけではなく結果を出さないといけない。少しでも長くやれるように頑張りたい。ダイヤモンドバックスは最初にオファーをもらった。GMと監督にお会いしてとても自分に対する熱意を感じたのが1番の決め手になりました。チームは強い。その一員になれるのは楽しみです」

 平野はダイヤモンドバックスと2年総額で600万ドル(約6億8000万円)で契約した。

 NPB通算成績は549試合48勝69敗、156セーブ、139ホールド、防御率3・10。2011年に最優秀中継ぎ投手、14年に最多セーブ投手のタイトルを獲得した。