地方公務員の職員総数が23年ぶりに増加 東京五輪の対応で業務が急増

ざっくり言うと

  • 総務省は26日、地方公務員の職員総数が274万2596人になったと発表した
  • 前年比約5000人増とされており、地方公務員の増加は1994年以来23年ぶり
  • 東京五輪やリニア中央新幹線などの業務が急増していることが要因だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング