来年登場するCR-Vやマイチェン予定のジェイドRSも!

 ホンダは、2018年1月12日(金)から14日(日)まで幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2018」に、さまざまなカスタマイズの可能性やモビリティの楽しさ、モータースポーツの魅力を伝える四輪、二輪、モータースポーツ競技車両を出展する。

 四輪は、東京モーターショーで先行公開した来年発表予定のSUV・CR-Vや、来春マイナーチェンジ予定であるJADE RSをベースにした“カスタム・コンセプト”を展示。

 そのほかにもステップワゴンとS660の“モデューロXコンセプト”、無限が手掛ける“MUGEN RC20GT シビックタイプR コンセプト”を披露する。

 また、参考出品としてホンダ車専用のアフターパーツを手掛ける無限から、同社のアイテムを装着したMUGEN シビック ハッチバック プロトタイプが並ぶ予定だ。

 モータースポーツ競技車両は、第101回インディアナポリス500にて、佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を遂げたマシン「ダラーラDW12」や、7月に販売を開始した「NSX GT3」が展示され、貴重なマシンを間近で見られるチャンス。さらに新型モデルになったツーリングカーレース仕様のシビックTCRも披露される。

 FIM(国際モーターサイクリズム)ロードレース世界選手権MotoGPクラス参戦マシン「RC213V」なども展示されるので、ファンにとってはたまらないだろう。新型モデルを含め、注目度の高いクルマが盛りだくさんのホンダブースへぜひ足を運んでみてほしい。