画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは12月25日、4基のDVI端子を備えたNVIDIA GeForce GT 730を搭載したデスクトップPC 4モデルを発表した。PCショップ「ドスパラ」にて販売を開始し、価格は税別79,980円から。

他画面PCの入門向けミニタワーモデル「Magnate MD-4D」は、CPUがIntel Core i3-7100(3.9GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが8GB DDR4、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 730、電源が500W 80 PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Home 64bit。価格は税別84,980円から。

スリムモデル「Slim Magnate MD-4D」は、CPUがIntel Core i3-7100(3.9GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが8GB DDR4、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 730、電源が300W 80 PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Home 64bit。価格は税別79,980円から。

クリエイター向けミニタワーモデル「raytrek MD-4D」は、CPUがIntel Core i5-7500(3.4GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが8GB DDR4、ストレージが120GB SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 730、電源が500W 80 PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Home 64bit。価格は税別99,980円から。

Windows 10 Pro搭載のビジネス向けミニタワーモデル「Diginnos Biz MD-4D」は、CPUがIntel Core i5-7400(3.0GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが4GB DDR4、ストレージが500GB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 730、電源が450W 80 PLUS BRONZE、OSがWindows 10 Pro 64bit。価格は税別89,980円から。

なお、ミニタワーモデルは、カスタマイズによって4基のHDMI端子を備えたグラフィックスカードにも変更が可能だ。