凍てつく寒さのスカンジナビアで、メルセデス・ベンツのCセグメントMPV「Bクラス」プトロタイプを捉えました。

「Bクラス」現行型はミニバンとハッチバックの中間的デザインを特徴とした、MPV的デザインが採用されています。3代目となる次世代型では「MFA」プラットフォームを採用し、ボディスタイルを刷新。『Aクラス』のハイルーフ仕様的な印象に進化します。

フロントマスクは流線型のヘッドライトでスポーティさを演出し、テールゲートは開口部を拡大し実用性がアップされているのが確認できます。インテリアには最新の「MBUX」インフォテインメントシステムや高性能なストレージ・ソリューションを持つなど、多くを「Aクラス」と共有すると見られます。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒エンジンや新開発2リットルターボディーゼルのラインアップが予想されます。ワールドプレミアは2018年秋が有力で、2019年にはPHEVやEVモデルの投入、さらに2020年には新型クロスオーバーSUV『GLB』の発売も噂されています。

(APOLLO)

メルセデス・ベンツ Bクラス次期型、MPVスタイルに一変したシンボディに大接近!(http://clicccar.com/2017/12/26/542048/)