松山英樹、タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

18年四大大会初戦…世界ランク2位のスピースが8.5倍で「優勝候補筆頭」

 米男子ゴルフは、2018年1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で新シーズンが本格的に幕を開ける。最も権威ある大会である四大メジャーは、4月のマスターズを皮切りに、6月に全米オープン、7月に全英オープン、8月に全米プロゴルフ選手権が行われるが、米専門誌が早くもマスターズの優勝オッズを紹介。本命にはジョーダン・スピース(米国)、日本の松山英樹(レクサス)は10位タイ、競技復帰したばかりの元世界ランク1位タイガー・ウッズ(米国)は4位タイとなっている。

 米国ではNBAやNFL、NCAAが熱を帯び、来年の平昌五輪も残り2か月を切った。ゴルフ界では、年内最初の四大大会となるマスターズ(18年4月5日開幕)までまだ3か月以上の月日があるが、米ゴルフ誌「ゴルフ・ウィーク」は「ゴルファーやゴルフファンがオーガスタやマスターズについて考えるのは、早すぎるとは限らない」と記し、米ベット会社「ベガス・インサイダー」によるマスターズの優勝オッズを紹介している。

 本命は世界ランク2位のスピースで「8.5倍」。2015年大会覇者は昨季、全英オープンで初優勝を果たし、新シーズンは「グランドスラム」を狙う。記事では、「好調を維持するジョーダン・スピースが頭ひとつ抜けた優勝候補の筆頭だ」と触れている。

ウッズはジョンソン、マキロイに続く“第3グループ”の高倍率

 対抗馬には、世界ランク1位に立つダスティン・ジョンソン(米国)が11倍、メジャー通算4勝を誇るロリー・マキロイ(英国)が13倍で続く。そして、注目は“第3グループ”だ。11月末のヒーローワールドチャレンジで9か月ぶりに競技復帰したウッズ(米国)が、昨季年間王者のジャスティン・トーマス(米国)やリッキー・ファウラー(米国)と肩を並べて16倍。記事では、「ダスティン・ジョンソンとロリー・マキロイが(スピースを)追いかける展開。ウッズは、その次に続く3人グループの一角だ」と記している。

 悲願のメジャー初制覇を狙う松山は、ジェイソン・デイ(豪州)やジョン・ラーム(スペイン)らの19倍に続く、26倍で10位タイ。前回大会は通算1アンダーで11位タイだったが、5年連続7回目となるマスターズで「オーガスタ」という“怪物”を攻略できるか。来たる決戦に向けて、ファンの期待も徐々に高まっていくだろう。

【マスターズの主な優勝オッズ】
1位 ジョーダン・スピース(米国) 8.5倍
2位 ダスティン・ジョンソン(米国  11倍
3位 ロリー・マキロイ(英国) 13倍
4位 ジャスティン・トーマス(米国) 16倍
 リッキー・ファウラー(米国) 16倍
 タイガー・ウッズ(米国) 16倍
7位 ジェイソン・デイ(豪州) 19倍
 ジョン・ラーム(スペイン) 19倍
 ジャスティン・ローズ(英国) 19倍
10位 ブルックス・ケプカ(米国) 26倍
 松山英樹(日本) 26倍
※米ベット会社「ベガス・インサイダー」調べ(THE ANSWER編集部)