生田絵梨花、MTV伝統のステージで初ソロライブ「半分夢見心地です」

写真拡大

乃木坂46の生田絵梨花が、12月25日(月)、東京・豊洲PITで行なわれたMTV伝統のアコースティックライブ『MTV Unplugged』のステージに登場した。

乃木坂46のメンバーによるソロコンサート開催は今回が初めて。当日は『MTV Unplugged』史上初となる生放送も実施され、会場に集まったファン約1,000名と視聴者たちが見守る中、乃木坂46の楽曲から前田敦子のソロ曲「右肩」や卒業した橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」、欅坂46の「二人セゾン」などのカバー、ピアノ弾き語りによる「君の名は希望」まで11曲が披露された。以下、当日のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

乃木坂46の生田絵梨花が、12月25日(月)に東京・豊洲PITで「MTV」伝統のアコースティックライブ『MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46』を開催した。2017年はミュージカル『ロミオとジュリエット』や『レ・ミゼラブル』に出演し、音楽番組でもミュージカルナンバーを披露してきた生田だが、ソロでのコンサートは今回が初。また、この日のライブはMTVにて生放送され、『MTV Unplugged』としても世界初の快挙となった。

ストリングスと鈴の音によるオーバーチュアに続き、ステージ後方で輝いていたクリスマスツリーの前に白いロングワンピース姿の生田絵梨花が登場。1曲目は「何度目の青空か?」のカップリングに収録されていたユニット曲で生田がセンターを務めた「私、起きる。」。もともとは80年代アイドル風のテクノポップだったが、テンポを落としたリアレンジで、心の中にいる本来の自分をゆっくりと呼び覚ますようなメッセージソングへと生まれ変わっていた。続く「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」は、「昨年の乃木坂46のクリスマスライブで、初めて、他の子たちのユニット曲を自分ひとりで歌わせてもらった曲です」と説明し、ボサノヴァから速いパッセージのジャズサンバへと展開していくラテンナンバーへとアレンジされ、まるで少年が主人公のアドベンチャー作品の主題歌のような、ピュアな情熱と高揚感をたたえた歌へと様変わりした。

いつものライブと異なり、息を潜めて静かに座り、彼女の歌声に耳を澄ませていた観客を前にした彼女は、「みなさん静かですね。声援をいただくことに慣れているので、わー、どうしようっていう感じです。しかも、初のソロライブがアンプラグドで、生放送もされてる。今、ここに立ってるのが半分まだ夢見心地みたいなところがありますが、今しかない時間を存分に使って楽しんでいけたらいいなと思ってます」と正直な心境を吐露した。さらに、「6年もやっていると別れも多くなってくるもので。去年はななみん(橋本奈々未)とお別れがあったり、こないだの東京ドームがひめたん(中元日芽香)と万理華(伊藤万理華)の最後のステージだったり。やっぱりすごく寂しいなという気持ちもありつつ、ずっと乃木坂でやってきた縁やつながりは、永遠に続くものだと思ってます。そういうものを私はずっと大事にしていきたいし、卒業していった全てのメンバーに感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います」と語り、中元日芽香がセンターを務めていた「君は僕と会わない方がよかったのかな」と、橋本奈々未の最初で最後のソロ曲「ないものねだり」を丁寧に歌唱。前者は“ストリングスと歌”、後者は“バンドと歌”という編成になっており、楽器や編成によって変化する彼女の歌声の違いも楽しめる2曲となっていた。

「歌いながら、いろんなことを思い出しました。みなさんにとっても、楽しかったことを思い出して、何か力になれたらいいなと思って歌わせていただきました」としんみりと話した後、カバーコーナーに突入。まず、ランタンの灯火の中で、椅子に座って、前田敦子の「右肩」をカバー。ブレスを生かした唱法ながらも言葉の1つ1つを観客の胸にしっかりと届け、後輩である欅坂46の「二人セゾン」では、ダイナミックでエモーショナルな歌声を響かせた。この2曲には、“君”と共に過ごした季節への追慕と感謝が歌われていた。彼女は「メロディが好きな曲を選んだ」と口にしていたが、彼女が音源では歌っていない2曲目から6曲目の流れには、確かに、卒業していった仲間たちへの思いも込められていたように思う。