組織委がまとめた報告書=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】来年2月に開幕する平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会は26日、平昌五輪の五つのテーマと17の持続可能な実践課題を盛り込んだ第1次報告書を公表した。

 組織委は▼低炭素グリーン五輪▼自然の保全と継承▼健康で豊かな生活▼成熟した文化市民の誇り▼世界に飛躍する平昌――の五つをテーマに設定し、17の実践課題をまとめた。

 報告書は大会前まで五輪の持続可能性に関する組織委の取り組みを国内外に発信し、成果を共有するため作成された。

 来年末に平昌五輪・パラリンピックの成果と遺産などを盛り込んだ第2次報告書を発刊する方針だ。