舘ひろしが広末涼子と恋愛宣言!? 『終わった人』特報映像&ティザービジュアル

写真拡大

 舘ひろしと黒木瞳が20年ぶりに共演する映画『終わった人』より、特報映像とティザービジュアルが公開された。

動画はこちら

 本作は、大河ドラマ『毛利元就』や、NHK連続ドラマ小説『ひらり』などの脚本家・内館牧子が執筆した同名ベストセラー小説を映画化した定年コメディ。定年を迎え、朝起きてから夜寝るまで何もやることがなく、世間から“終わった人”と思われるようになった主人公・田代壮介が、ある時“人生の転機”を迎え、世界が一変する模様を描く。

 メガホンを取るのは、『リング』『仄暗い水の底から』の中田秀夫監督。中田監督は「本当に撮りたかった作品」と、新境地への挑戦に意気込んでいる。

 本編映像の第一報となる特報映像は、田代壮介(舘ひろし)が定年退職するシーンから始まり、華々しく送り出されるも、家に帰れば“趣味なし・夢なし・仕事なし・居場所なし”と、終わった人に。だが、「俺決めた」の一言から一変し、波乱万丈な人生を繰り広げていく。

 定年を迎えたはずの壮介がスーツ姿で街を闊歩する姿や、山下夫妻(清水ミチコ、温水洋一)が営む会社で就職を拒まれる様、壮介が遠くを見つめ涙を浮かべるシーンなどが収められている。また、壮介の妻・田代千草(黒木瞳)を前に、30歳差の浜田久里(広末涼子)との恋愛宣言も。浮かれる壮介になぜか千草が微笑む様も収録されている。

 一方のティザービジュアルには、“暇だ。”というキャッチコピーとともに、頭に鳩を乗せながらブランコで呆然とする田代壮介と、そんな夫に呆れつつも見守る千草の姿が捉えられている。(リアルサウンド編集部)