張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…8月に日本が誇る神童が14歳61日でツアー優勝

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は8月に卓球の張本智和が成し遂げた「ツアー史上最年少V」だ。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーショナル」と報じ、「彼の反応を見ろ」と優勝を決めた瞬間の映像を紹介するなど、話題を呼んだ。

「Tomokazu Harimoro」の名が、卓球界の歴史に刻まれた。

 8月のチェコオープン、張本は快進撃を見せた。1回戦でキリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)、準々決勝でクリスティアン・カールソン(スウェーデン)、準決勝でウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と、4試合中3試合で最終ゲームまでもつれる熱戦の末に勝利。粘り強さと勝負強さを武器に、自身2度目のワールドツアー・シングルス決勝に駒を進めた。

 相見えたのは元世界ランク1位で、ワールドカップ優勝2回(2002、05年)、五輪にも00年のシドニーから5大会連続で出場している36歳の名手ティモ・ボル(ドイツ)。今年6月の中国オープン準決勝で敗れた相手に、第1ゲームを11-3と先取したものの、続く第2、第3ゲームを4-11、8-11と落とし、瞬く間に逆転されてしまう。それでも、第4ゲームを11-9でモノにすると一気に加速。第5、第6ゲームも11-6、11-9で取り、怒涛の3ゲーム連取で難敵ボルを退けた。

321回目のトーナメントで塗り変えられた歴史にITTFも特集「センセーション」

 14歳61日でのワールドツアー優勝は史上最年少。于子洋(中国)が持っていた16歳30日の男子最年少V記録だけでなく、男女を通じて最年少だった伊藤美誠(スターツSC)の14歳152日を大きく更新した。

 ITTF公式サイトも張本の快挙を特集。「記録破りの男、トモカズ・ハリモトが最年少」と見出しを立て、「第4シードが優勝することは“事件”ではないが、それがわずか14歳61日の選手によるものとなれば、それはセンセーションだ。321回目のワールドツアートーナメントで、歴史は塗り替えられた」と報じていた。

 今年6月の世界選手権では大会史上最年少で8強入り。6月の世界ランキングでも史上最年少の13歳でトップ50入りを果たし、「ツアー最年少V記録」を加えるとともに、12月には2017年の「ブレイクスルー賞(躍進賞)」を受賞した。 来年4月に開幕する世界選手権団体戦の日本代表選考会でも、24日の決勝で大島祐哉(木下グループ)を3-1で破って代表入りを決めている。

 世界を舞台に、底知れぬスケールの大きさを見せる14歳は、いかなる夢もきっと現実にしてくれるだろう。(THE ANSWER編集部)