祭nine.からのクリスマスプレゼント、“日本一縁起の良い曲”突如初披露+SGリリース決定

写真拡大

「BOYS AND MEN」の弟分である7人組エンターテイメント集団「祭nine.」が、12月25日(月)に愛知・Zepp Nagoyaでワンマンライブ<祭nine. 冬祭り2017 どデカイ太鼓打ち鳴らせ! in Zepp Nagoya>を開催し、1,500名が集まった。

満員御礼となった同ライブは、祭nine.7人の太鼓打ちによる群奏から幕開け。平均年齢18歳、若さと男気溢れる和太鼓が鳴り響き、今までのライブでは見せたことがないような男らしく力強い表情にファンも圧倒され、独特の緊張感が会場内を包んだ。群奏が終わると間髪入れずに、メジャーデビュー曲「嗚呼、夢神輿」を披露。太鼓衣装でのデビュー曲披露にライブ冒頭から一気に会場内の興奮も高まり、その後も歌唱&ダンス・アクロバットパフォーマンス・殺陣・コントなど、エンターテイメント集団ならではのバラエティ溢れるステージが繰り広げられた。

そして、アンコール前のVTR演出で「これから新曲を初披露します!」と突如発表されたこのサプライズに、この日一番の大歓声が上がる。そのタイトルは「HARE晴れカーニバル」。歌詞には多くの縁起物、曲の各所にアクロバットパフォーマンスが取り入れられた、アッパーな新曲に初めて聴くファンもテンションは最高潮に達したもようであった。

新曲披露後のMCで、浦上拓也は「『HARE晴れカーニバル』は『日本一縁起の良い曲』です!!」と、寺坂頼我は「この新曲をもって、オリコン1位という『てっぺん』を取りに行きます!!」と抱負を語り、更にはこの「HARE晴れカーニバル」を表題としたシングル(祭nine.としてのセカンドシングル)を来春に発売することを発表した。デビューシングル「嗚呼、夢神輿」では惜しくもオリコン週間CDシングルランキング2位に涙を飲んだ彼らだが、これからの一層の努力で力を付け、自ら掲げる“てっぺん”を取りに行くはずだ。

<セットリスト>
M01. 嗚呼、夢神輿
M02. ドドンコ Don’t worry
M03. 太陽ZAN-MAI
M04. ボクたちのONE
M05. そいじゃッ レベルUP?
M06. SING-ALONG
M07. Bye Bye 最後のヒロイン
M08. ALIVE!
M09. My Only Christmas Wish
M10. My First・・・
M11. HARE晴れカーニバル(※初披露新曲)
M12. 39S