前日練習を終えた加藤条治=長野・エムウエーブ

写真拡大

 「スピードスケート・平昌五輪日本代表選考会」(27日開幕、長野・エムウエーブ)

 最終選考会を前に公式練習が26日に行われ、4大会連続五輪を狙う男子500メートル元世界記録保持者で、10年バンクーバー五輪銅メダリストの加藤条治(32)=博慈会=は「こういう注目度の高いレースは1番経験してる。自分は1発勝負が得意。いい1発が出るんじゃないかと期待してます」と、自信を口にした。

 長年所属した日本電産サンキョーを退社し、心機一転で臨んだ今季。痛みを抱える膝の状態を考慮しながらの調整だったが、大一番に向け調子も着実に上向いてきた。運命の500メートルは初日27日に行われる。「このレースを外すと五輪への道はない。冷静に熱く滑りたい」と、力を込めた。