四川省成都市の地下鉄車内で子どもが敬礼している様子を写した画像がネット上に掲載され、話題を呼んでいる。

写真拡大

2017年12月25日、新華社によると、四川省成都市の地下鉄車内で子どもが敬礼している様子を写した画像がネット上に掲載され、話題を呼んでいる。

車内に設置されているテレビにちょうど中国の国旗「五星紅旗」が映っており、子どもは画面の国旗に向かって敬礼していたという。

その様子の画像をSNSに投稿したのは成都地下鉄の公式アカウント。同地下鉄の責任者によると、閲覧数は4000万件を突破。20万件を超える「いいね!」がつき、大手メディアでも次々に紹介されている。

ところが、ネット上ではこの子どもの行動に否定的な見方も少なくなく、中には「とても見ていられない」「こんな子どもの頃から洗脳されてるなんて。かわいそう」といったコメントもある。

記事は、子どもが素直な愛国心を見せる姿はこれまでにもたびたび報じられ、国民の心を温かくしてきたとし、こうした子どもたちの素直さや真面目さ、勇敢さ、愛国心はこの国の将来の礎になっていくはずだと伝えている。(翻訳・編集/岡田)