ニューヨーク

写真拡大

25日、ドワンゴが23日のニコニコ生放送「【ニコめし】独りでも寂しくない! 聖夜のクリスマス飯!!」で、出演者や視聴者に不快な思いをさせたとして、公式に謝罪した。

謝罪文は「2017年12月23日(土)の番組に関するお詫び」と題し、「番組内において、ご不快な思いをされたというご意見を多数頂戴いたしました。パンツマンさまをはじめ、出演者の皆さま、ご視聴されていた皆さまがご不快な思いをされたことについて、深くお詫びいたします」と書いている。

同番組には、料理動画投稿者のパンツマン、セクシー女優の蒼井そら、お笑いコンビのニューヨークらが出演し、クリスマスメニューを紹介した。

問題となったのは、番組中のニューヨークの態度である可能性が高い。番組中盤にパンツマンが鍋を調理するなか、ニューヨークが「遅っそ!」などと、やじを飛ばす。結果としてパンツマンは「お前がやれよ!」と怒りをあらわにし、ニンジンを投げつけていた。

パンツマンこと神崎嘉宏さんも自身のTwitter上で放送中に怒ったことを謝罪。「私も人間なんで料理で精一杯の時に罵声を浴びせられると さすがに切れます」と怒った理由をつづっている。


【関連リンク】
2017年12月23日(土)の番組に関するお詫び:ニコめし:ニコめし(ニコめし運営) - ニコニコチャンネル:生活

【関連記事】
貴ノ岩が謝罪していれば…山本譲二が元横綱・日馬富士の暴力を容認する主張
岩井勇気が「けもフレ騒動」にファン目線で言及「口出しする権利はないと思う」
「態度が悪くなるのは当たりめぇだろ!」店員が女性客の返事に怒り心頭