『ラストアイドル』、2ndシングル表題曲かけてバトル 織田哲郎、小室哲哉、指原莉乃、つんく♂、秋元康がプロデュース

写真拡大

 オーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)が、2018年1月13日よりセカンドシーズンの放送をスタートする。

(関連:ラストアイドルが語る、デビューにかける思い 「覚悟とか受け入れる強さが全然違う」

 2017年8月よりスタートした同番組では、毎週行われるメンバー入れ替えバトルを経て、勝ち残った7人のメンバーがラストアイドルとして先週12月20日にデビューシングル『バンドワゴン』をリリースした。また、バトルに敗れた元暫定メンバーや、敗北した挑戦者たちによる4つのセカンドユニット、Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchiも誕生し、ラストアイドルファミリーとして活動していくこととなった。

 セカンドシーズンで展開されるのは、ラストアイドルの2ndシングルを賭けて行われる、 ユニット対抗の総当たり戦。5つのユニットそれぞれにプロデューサーが一人ずつ就任、ユニットのメンバーとタッグを組んでバトルを繰り広げていくという。

 プロデューサー陣には織田哲郎、小室哲哉、指原莉乃、つんく♂、秋元康といった面々が集結。5人のプロデューサーが担当ユニットの楽曲、ダンス、衣装まですべてをプロデュース。バトルの末、第1位を獲得したグループが、2ndシングルの表題曲を歌う。(リアルサウンド編集部)