ボストン・セルティックスのカイリー・アービング【写真:Getty Images】

写真拡大

ドリブルで2人を抜き、空中でも2人をかわすアクロバティック技を披露

 米バスケットボールのNBAで、ボストン・セルティックスのカイリー・アービングがドリブルで2人を抜き、さらに空中で2人をかわすアクロバティックなプレーを披露。球団公式ツイッターが「カイリー・アービングは物理学を無効にする」と動画付きで紹介するなど大きく取り上げられ、ファンから「この男、やりすぎだ…」「彼は残酷だ」などと反響を呼んでいる。

 まるで、1人で5人全員を相手するかのような勢いだった。

 25日(日本時間26日)のワシントン・ウィザーズ戦、62-71とリードを許して迎えた第3クォーター残り7分だった。ウィザーズのオールスター選手、ジョン・ウォールと右45度でマッチアップしたアービングは、トップの位置に上がると、味方を“壁”に使ってウォールのマークを突破。そして、ゴールに正対した瞬間に左手から右手にボールを持ち替えると、一気にギアを上げて身長213センチの相手センターも置き去りにした。

 さらに、見せ場は続く。ゴール下へ切れ込み、シュートを試みたアービング。進行方向左と後方からブロックの手が伸びてきたが、空中で身をかがめるように一度上げた両腕を胸の位置まで下げ、スペースがある左サイドに体を移行させながら、片手でボールをボードに当てて、見事にゴールを奪った。

驚きの声続々「物理学を無効にする」「カイリーがカイリーしている」

 ジャンプから着地まで2秒弱。その間に複数のフェイクを入れてシュートにいく華麗な「ダブルクラッチ」に、実況は「なんて動きなんだ!!」と絶叫し、会場の地元ファンも大きく沸いた。

 セルティックスの公式ツイッターは、重力に逆らい空中遊泳するかのような姿を「カイリー・アービングは物理学を無効にする」と形容し、動画を紹介。米スポーツ専門放送局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」も「カイリーがカイリーしている」と報じた。ファンからもツイッター上に次々と驚きの声が挙がっている。

「この男、やりすぎだ…」
「スターに落胆をもたらす存在」
「歴史上最高のプレーヤー」
「宝石プレーだ」
「彼は残酷だ」

 現地はこの日がクリスマス。試合はセルティックスが103-111で敗れ、“勝利付き”とはいかなかったが、天才司令塔アービングのプレーは観る者にとっては心躍るプレゼントになったに違いない。(THE ANSWER編集部)