12月26日(火)より、上白石萌音がナレーションを手掛けた「君の名は。」特別PRスポットが登場!/(C) 2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

2018年1月3日(水)夜9時からテレビ朝日系で地上波初放送される映画「君の名は。」で、ヒロイン・三葉の声を担当した上白石萌音が、特別PRスポットのナレーションを手掛けることが分かった。

【写真を見る】特別PRスポットには、映画の中の三葉のせりふをもじったパロディーも!?/(C) 2016「君の名は。」製作委員会

「君の名は。」は2016年8月26日に公開され、国内興行収入250億円を突破。同年の興行収入1位、日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立て、映画音楽を担当したRADWIMPSの楽曲「前前前世」も大ヒット、ハリウッドで実写映画化も決定するなど、全世界で大旋風を巻き起こした。

本編のアフレコが行われたのは1年半以上前のことだが、上白石は「新海監督の映像はすごい。“画”を見るだけで当時の感情がよみがえってきました。また三葉に会えてうれしい!」と心境を告白。

12月26日(火)より公開される特別PRスポットには、映画の中の三葉のセリフをもじったバージョンもあり、上白石は「セリフを生まれ変わらせたものがまた皆さんの心に届くなんて、本当にうれしいです。ぜひこのPRスポットを見て、1月3日の夜を楽しみにしていただきたいです」と呼びかけた。

また、主人公・瀧役を演じた神木隆之介は、「自分が関わらせていただいた作品をお正月に見ていただく機会はそうそうないので、うれしい気持ちでいっぱいです。お正月という事で、一家団欒を楽しみながら2人の主人公を温かく見守っていただきたいです」とコメント。

注目してほしいシーンについては、「三葉と入れ替わった時とそうでない時の声色は意識しました。特に屋上のシーンは意識して演じましたので、注目していただければと思います」と見どころを語った。

そんな二人について新海監督は、「瀧と三葉は映画を作る前と公開されて時間が経った後とで、だいぶ僕の中の印象が変わったキャラクターですね。作り始めたときは当然キャストは決まっていなかったので、一般的な、誰とでも置き替え可能な少年少女として発想したのですが、今、自分にとって瀧は完全に神木隆之介くんで、三葉は完全に上白石萌音ちゃんのイメージになっていて、彼らのために書いたキャラクターのような気がしています。あの2人の声を切り離しては考えられないですし、なんだか性格まで似ているような気がしますね」とコメントを寄せた。

さらに新海監督は、「君の名は。」の地上波初放送にあたり、自ら特別編集した、この日しか見ることができないエンドロールを制作することが決定。

なお、当日オンエア内で「瀧くんの質問に答えてプレゼントを当てよう」キャンペーンも実施されるので、こちらもチェックしておこう。

■ 上白石萌音コメント

――「君の名は。」の地上波初放送について、心境は?

劇場でかかった映画が地上波で流れるのは、とても感慨深いものがあります。映画は劇場に行かないと出会うことはできませんが、地上波ではより多くの方にリアルタイムで同時に楽しんでいただけるんですよね。「君の名は。」にとってそれは今回が初めてのことなので、どんな反応があるのか、すごく楽しみです。

――「君の名は。」は自身にとってどんな作品?

この映画に出会う前と後では180度違う、といっても過言ではないぐらいの作品ですね。それはどの映画、どの作品でも同じではあるのですが、特に「君の名は。」という作品を通じて私のことを知ってくださった方々がたくさんいらして…。そういう意味では、人生の大きな転機を作ってくれた作品ですね。

――思い入れのある三葉のセリフや場面は?

よく皆さんからリクエストされるのが、「瀧くん」と名前を呼びかけるせりふ。その呼びかけは、やはりこの「君の名は。」というタイトルにもつながりますし、作品の大きな象徴だと思います。

また、神木隆之介さんの三葉っぷりが、女子にも決してかなわない、“圧倒的な女子力”を発揮しているので、そこはもう存分にキュンキュンしてほしいなと思います!

――特別PRスポットのナレーションはいかがでしたか?

また三葉に出会うことができて、とてもうれしいです! 映画のアフレコから1年半以上経っているので大丈夫かなと思いましたが、やはり新海監督の映像はすごいですね。

“画”をみるだけで当時の感情がよみがえってきました。一場面をアレンジしたパロディー的なバージョンもあってとても楽しかったですし、セリフを生まれ変わらせたものがまた皆さんの心に届くなんて、本当にうれしいです。

作品の偉大さを、身をもって感じました。このPRスポットを見ることでファンの方には劇場で作品と出会ったときの気持ちを思い出してもらえたらうれしいですし、初めて見る方にはPRスポットを通して1月3日の夜を楽しみにしていただければと思います!

――初めて「君の名は。」をご覧になる視聴者にメッセージを!

何回でもこの作品との出会いを繰り返したいなと思うくらい、初めて「君の名は。」を見たときの感動は、私にとって忘れがたいものとなっています。

ぜひ皆さんにも、初めての出会いを存分に楽しんでいただければ。私も3日の夜はもちろん、「君の名は。」を見ます! 楽しみにしています!

■ 「君の名は。」あらすじ

1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(声・上白石)は、町長である父の選挙運動や、自らの家系である神社の古き風習など、すべてが嫌でたまらず、都会への強い憧れを抱いていた。

そんなある日、三葉は自分が東京の男子高校生になる夢を見て、念願の都会生活を満喫。しかもその夢は度々、繰り返される。

一方、東京で暮らす男子高校生・瀧(声・神木)も、山奥の町に住む女子高校生になる、という奇妙な夢を見ることが多くなる。

夢の中で自分たちの体が入れ替わっていることに気付いた2人は、力を合わせてその状況を乗り切ろうとする。お互いの気持ちが打ち解けてきた矢先、入れ替わりが突如、途切れてしまう。(ザテレビジョン)