楽天戦で日本復帰後初登板を果たした、ソフトバンクの松坂大輔投手=2017年10月2日、仙台市の楽天Koboスタジアム宮城(写真:共同通信)

華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男たち』だ。
12月30日(土)夜10時〜に通算14回目の放送を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別な存在ではなく、不況の中では誰の身にも起こりうる“究極のリアル”でもある。放送を控え、番組にかかわるサイドストーリーを取材班が3回にわたってリポートする。今年の戦力外でひときわ目を引いたのが『松坂世代』の凋落だった。第1回は球界のスーパースター、松坂大輔と同時代を生きてきた、ある選手の松坂に対する想いを伝える。

12月21日、中日ドラゴンズはソフトバンクホークスを退団した松坂大輔の入団テストを来年1月下旬に行うと発表した。

その一報を知り、同じ昭和55年生まれの「松坂世代」で今季限りでの現役引退を表明していた長田秀一郎(37歳)は安堵したという。

「松坂がやれる、やりたいと思っているなら、力を発揮できる場所を見つけてほしい。僕はもう引退を決めたので、いちファン。僕ら野球ファンはまた松坂大輔が投げる姿を見たいです」

高校時代は同じ神奈川の鎌倉学園のエースとして横浜高校の松坂を強く感じながら成長し、慶応大を経て2002年ドラフト自由獲得枠で埼玉西武ライオンズに入団。松坂がボストン・レッドソックスに移籍するまでの4年間、今度はチームメイトとして刺激を受けた。

「やる前から負けを認めなくなかった」

「高校に入って、2年生になるころには松坂は知れ渡っていて、すごいというのはわかっていましたが、『勝てるんじゃないか』と思っていた時期もありました。まだ高校生なんで、やる前から負けを認めたくなかったんでしょうね」

にっこりと笑いながら謙虚に話すが、当時の長田も2年生の夏はチームをベスト4までけん引するなど県内有数のピッチャーとして知られていた。

「結局、対戦することはなかったんですが、1度は投げ合ってみたかったですね。でも、横浜(高校)は松坂だけじゃない。後藤武敏、小池正晃、小山良男というプロに行ったやつら以外もいい選手がたくさんいた。3年夏の県大会準決勝で横浜商大に25対0ですからね。最後のほうは強すぎでしたよ」

松坂の代の横浜高校は1998年、春の選抜大会に続いて夏の選手権大会、秋の国体も優勝。前年の秋の神宮大会も制しており4冠を達成している。長い高校野球の歴史の中でもそのチーム力の高さは特筆すべきものがあったが、主役はやはり松坂だった。

夏の準々決勝・PL学園戦で延長17回を1人で投げ抜き、翌日の明徳義塾との準決勝は6点差をひっくり返す大逆転劇を後押しするリリーフ登板。松坂がブルペンで準備を始めただけで球場の空気を変えてしまうほどの投手になっていた。そして決勝の京都成章戦はノーヒットノーラン。まわりの選手がかすんでしまうのは無理がなかったか。

松坂は西武入団後も1年目から3年連続最多勝を獲得。輝きを放つことをやめなかった。

「松坂世代」と呼ばれるように

一方で才能あふれる同級生たちも松坂に負けまいと、すぐにその存在を顕示していった。特に大学に進んだ面々の台頭が目立ち、彼らが2年生となった2000年あたりから「松坂世代」という言葉が世に広がり始める。

法政大に進んだ後藤が春季リーグで三冠王を獲得。小山は亜細亜大で正捕手に、夏の決勝で松坂と投げ合った京都成章の古岡基紀は中央大のエースに成長していた。ほかにも早稲田大の和田毅、九州共立大の新垣渚といった甲子園出場組だけでなく、東海大の久保裕也、龍谷大の杉山直久。六大学春季リーグで防御率1位に輝いた長田も、その1人だ。


あの松坂世代も30代後半を迎え、次々と引退していった。『プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男たち』(TBS系)は12月30日(土)夜10時から放送です

「高校時代も横浜以外にもいい選手はたくさんいた。神奈川なら日大藤沢の館山昌平。遠征して練習試合をした明徳義塾の寺本四郎もすごかった。和田も練習試合をして、そのときは印象に残らなかったけど、大学で一気に飛躍して早慶戦で何度も投げ合った。後藤ともよく対戦しました。同級生に負けたくないというのは、みんな持っていたと思いますよ」

同級生で切磋琢磨して実力を伸ばしていったが、西武で同じユニフォームを着た松坂は、やはり別格だった。練習での松坂はすごいと感じさせるものはなかったという。キャッチボールをしても驚くような球が返ってくるわけでもなかった。ところが、試合になるとスイッチが入る。

「試合になると自分の力を全部、出し切れる。バッターが真ん中なのに見逃してしまうような球を投げていた。バッターを威圧するなにかがあったんだと思う。それと今でいうCSであるプレーオフとか、負けられない試合で勝ち切る。大事な試合になればなるほど力を発揮するピッチャー。それが松坂ですね」


「松坂世代」の1人、長田秀一郎(おさだ しゅういちろう)は今年、球界を引退した

松坂とチームメイトということもあって、「松坂世代」について聞かれることも少なくなかったが、長田は過剰に意識しなかった。

「松坂世代と言われても、松坂は松坂という感じでした。別にそれに反発しているわけでもないんです。松坂というすごい男がいて、世代でトップに立てるなんて考えもなかったですし。それにプロに入ったときは先輩たちが本当にすごくて、正直、2、3年でクビになると思いましたし、この世界でどう生き残るかということに必死でした」

プロのレベルに面食らっている長田を踏みとどまらせてくれたのも同級生たちだった。

「先輩に負けたらしょうがないけど、同級生や年下の選手には勝てるようにと思うようになった。特にやっぱり同級生。バッターとの対戦もそうだし、ピッチャーも僕は中継ぎでしたけど、相手ピッチャーの出来がよければ負けないようにと自分を奮い立たせた。当時もホークスが強くて西武にとって勝たないといけない相手だったから、和田や杉内(俊哉)なんかにチームが負けると、いっそう悔しさを感じた。そういう意味でも活躍している同級生がたくさんいてよかった」

ルーキーイヤーでは46試合に登板し、2年目は34試合で防御率3.18と結果を残した長田。その後は苦しんだシーズンもあったが、力強いストレートを武器に2010年には勝ちパターンの一角としてチームに貢献した。

2013年途中にDeNAベイスターズに移籍してからもセットアッパーとして活躍。2015年は45試合で防御率2.06の好成績を残したものの、2016年は登板機会に恵まれず、オフに戦力外通告を受けた。

「36歳という年齢がネックに」

「36歳という年齢がネックになったところもあったんでしょうね。直接ではなく知人を介して海外も含めたいくつかのチームに売り込んだのですが、そこでも年齢の話になった。今オフ、巨人を戦力外になった村田修一も実力的にはまだ十分やれる。それでも、ここまで声がかからないのはやっぱり年齢で引っかかる部分があるのかなと思います」

選手としては年齢を気にして野球をやっているわけではないし、30代後半になったからといって急に力が衰えていると実感するわけでもない。だが、球団側は選手が思う以上に「年齢の壁」を高くしているというのが現実なのだ。そのギャップに苦しみながら、1つの決断を下した。

「2015年がよかったですし、まだ投げられる自信がありました。だから独立リーグでもう1年、勝負することを決めました」

NPB復帰を念頭に、2017年はBCリーグの新潟アルビレックスで投げ始めた長田。しかし、5月にはもう引退を考えていたという。

「初めて右肩に痛みを感じながら投げるような状態になってしまい、思うような球が投げられなくなった。でも、それ以上に大きかったのは気持ちの部分。自分自身は野球に対する思いは変わっていないつもりだったんですが、NPBを目指している若い子たちの取り組み方を見ていると、彼らのほうがその気持ちが強いと思った。そう感じてしまった時点で、僕の気持ちが薄れてきているんだなと気づかされたんです」

覚悟を決めた長田は西武、DeNA時代ではありえなかった行動に出る。

「NPBにいたときは後輩にアドバイスをすることはありませんでした。コツを教えて、力を伸ばしてこられた自分の出番が奪われる。そういう厳しい世界ですから。でも、引退してもいいかなと思ったのと、本当にNPBしかないという彼らの姿を見ていたら背中を押してあげたくなった。僕が持っている技術や知識を全部、伝えてきました」

「『昭和55年会』の会長は松坂にやってもらいたい」

今後は指導者として球界に携わるのか、違う道を選ぶのか。まだ決めていないというが、前だけを見続けて戦っていた場から身を引いたことで、ここまでを少し振り返りたくなったのかもしれない。同級生たちとの集まりを期待しているという。


新潟アルビレックスで現役引退を迎えた長田。同世代の切磋琢磨こそが球界で生きていく原動力となった。『プロ野球戦力外通告〜クビを宣告された男たち』(TBS系)は12月30日(土)夜10時から放送です

「2012年のオフまでは『昭和55年会』で野球教室やチャリティーマッチを行っていたのですが、松坂や和田がメジャーに行ったということもあって最近やれていないんです。いつか復活できたらいいなって。実現したらみんなにどういう思いで野球をやっていたのか、どういう区切りで引退を決めたのかと聞いてみたいですね」

愚問と知りつつも、55年会の会長は誰がなるのかと聞いてみた。

「それはやっぱり松坂にやってもらわないと。ほかの世代に比べても僕らは繋がりが強いと思うんですが、それも松坂という核になる存在がいたからじゃないですかね。でも、集まるのは全員がやめてからかな。まだまだ頑張っているやつらがたくさんいますから。松坂だけじゃなく、村田も梵(英心)も(久保)康友も、(木村)昇吾もまだ所属チームが決まらないけど、できる限り頑張ってほしい」

久しぶりに気の置けない仲間が集まったとき、その中心にはあの屈託のない笑顔を浮かべる松坂がいるのだろう。だが、それはもう少し先のことであってほしい。長田は仲間たちにエールを送る。

(敬称略、文:鷲崎 文彦/スポーツライター)