今年度も12月27日から1月8日まで、冬の風物詩である「花園」こと第97回全国高校ラグビー大会が大阪・東大阪市花園ラグビー場で行なわれる。東京都と北海道は2校ずつ、大阪府は開催地枠も含めて3校出場するため、計51校が栄光の優勝旗である「飛球の旗」を奪い合う。


卒業後はパナソニックに入団する東福岡の福井翔大

 優勝候補の筆頭は、直近10年で6度の優勝を誇るモスグリーンのジャージー、昨年度3冠王者の「ヒガシ」こと東福岡(福岡)だろう。

 11人もの高校日本代表候補を擁する東福岡は、今年度も当然のごとくAシードに選ばれた。春の選抜大会ではU18年代の国際大会に選手8人を呼ばれた影響もあり、準決勝で京都成章(京都)に敗れたものの、夏の7人制の全国大会では貫禄を見せて優勝。今大会の予選でも決勝で小倉を94-0で破り、18年連続28回目の花園出場を決めた。

 昨年の花園でも「モールからのトライは1本もなかった」と藤田雄一郎監督が胸を張ったように、FWもBKもポジションに関係なく、全員でボールを左右に大きく動かすラグビーが東福岡の強みである。

 また、全選手がコンタクトスキル、パススキルともに高い。昨年度はFWの平均体重が100kgを超えていたが、今年度は「少し(体重が)軽くなってもいいからスピードを求めている」(藤田監督)という。

 そのヒガシの中心選手はキャプテンのNo.8(ナンバーエイト)福井翔大(しょうた/3年)だ。身長185cm・体重90kgの恵まれた体格を誇り、かつ手足が長いため、同じ高校生ではなかなか福井の突破を止められないだろう。

 今年度のU20日本代表に高校生ながら唯一「飛び級」で選ばれ、しかもWTB(ウイング)として試合に出場した逸材である。来春からは強豪大学への進学と悩んだ末に、ワールドカップやオリンピックを視野に「挑戦できるなら日本最高の舞台で」と、トップリーグの強豪パナソニックワイルドナイツに入団する。

 ほかにも、SO(スタンドオフ)丸山凜太朗(3年)はボールをしっかりと左右に動かす判断力とパスに長けており、PR(プロップ)小林賢太(3年)はFWの第一列ながら突破力があり、片手のバックフリップパスもうまい。テンポが速く、端から端に、時には自陣奧深くからでもボールを動かすヒガシのラグビーを封じるのは至難の業(わざ)だろう。

 そんな東福岡を倒す最右翼といえば、やはり東日本で唯一のAシードに選ばれた桐蔭学園(神奈川)となるだろう。高校日本代表候補は東福岡に次ぐ9人が選ばれており、春の選抜大会では6試合で6トライしか許さず、全勝で駆け抜けて初の単独全国優勝を果たした。

 昔から桐蔭学園は選手個々の「判断(ジャッジメント)」を重視しているチームで、今年度のチームもSH(スクラムハーム)小西泰聖(たいせい/2年)とSO田村魁世(かいせい/3年)を軸にボールを動かし、相手のディフェンスを意図的に崩すのがうまい。今年度のチームはPR細木康太郎(3年)を筆頭にFWにも体格のいい選手がそろっており、停滞したときやゴール前からでもFWでトライが獲れる強みもある。

 桐蔭学園を率いる藤原秀之監督は、今年度から花園の登録人数が25人から30人に増えたことを歓迎している。決勝を見据えながら、選手を休ませつつターンオーバーしながら計5試合を戦い抜こうと考えているはずだ。

 また、3つ目のAシード校である京都成章(京都)も高校日本代表候補に7人が選出されていることでもわかるように、花園で優勝する力を十分に持つチームである。春の近畿大会は大阪桐蔭(大阪)と引き分けて同時優勝し、春の選抜大会ではU18年代の国際大会に中心選手が2人招集され、かつケガ人も多く抱えるなかで、初めて全国大会のファイナリストとなった。

 今予選の決勝では、テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』のモデルとなった伏見工業・京都工学院を逆転で下して花園の切符を獲得。「伏見工業」という名前で最後のシーズンを迎えた相手だけに、プレッシャーがかかっていたことは容易に想像できるが、しっかりと勝利して地力のあることを証明した。

 京都成章を率いる湯浅泰正監督はディフェンスの指導に定評があり、「ピラニアタックル」と称される組織ディフェンスがチームの武器だ。さらに身長180cm・体重120kgの巨漢PR藤田康助(3年)らを中心にFWのモールも強い。また、高校生で唯一7人制日本代表候補に選ばれたSO/CTB(センター)西川虎哲(こてつ/3年)を擁しており、彼のランとステップは相手にとって大きな脅威となる。

 今大会の優勝候補はAシードの3校だが、昨年度の準優勝チームである東海大仰星(大阪第2)や大阪桐蔭(大阪第1)といった大阪勢や、國學院久我山(東京第2)、佐賀工業(佐賀)、御所実業(ごせ/奈良)といったBシード10校がどこまで対抗できるかも焦点のひとつ。

 Bシードのなかでもっとも特色のあるチームは、4年ぶりに出場を果たした、過去5度の花園優勝を誇る目黒学院(東京第1)だ。トンガ人留学生を受け入れてきた歴史があり、今年も体重100kgを超える高校日本代表候補のNo.8ハラシリ・シオネ(3年)とCTBヴァカラヒ・シオエリ(3年)のふたりを軸に、強靭なフィジカルを武器にして挑んでくる。

 もともと、竹内圭介監督が「ラグビーに限らず、目黒という土地柄、ハーフの選手も多い」と言うように、アメリカ、イギリス、スイス、タイ、中国など計8ヵ国の選手が在籍するなど国際色は豊かだ。タイからの留学生であるSOプスパコム・ピーラナツは2年生ながら目黒学院の司令塔としてゲームを巧みにコントロールする。

 また、目黒学院はテレビ番組の企画で、5日間と短い期間だったが今年の世界最優秀コーチ賞を受賞したエディー・ジョーンズ元日本代表ヘッドコーチ(現イングランド代表ヘッドコーチ)の薫陶を受けた。その番組では主役級の扱いを受けていたPR岩上龍(2年)は今大会でも注目を集めそうだ。

 いずれにせよ、花園は負けたら終わりのトーナメント方式。高校生ラガーたちが積み上げてきたものをすべて出し尽くし、観ている者を魅了する熱い大会が、いよいよ幕を開ける。

◆ラグビー早稲田大、初戦敗退で号泣。創部100周年の日本一はあるのか>>>

◆世界で戦ってきた吉田義人は、今のラグビー日本代表をどう見ているのか>>>

◆「世界ベスト15」に入った女子高生ラガー、津久井萌とは何者なのか?>>>

■ラグビー 記事一覧>>