前回の東名全開族に続き、今回は大阪環状族です。

大阪環状は一種独自な走りのステージ!?で、関東でいうトコロの首都高に相当しますね。ループ状のこの走りのステージは、夜な夜なチューンドマシンたちによる熱きバトルが繰り広げられていました。今現在も大阪環状族は存在しますが、規模としては圧倒的に80年代当時のほうが盛り上がりは凄かったようです。あまりの過熱さにさすがの大阪県Kもお怒りになっていた、みたい。そんな当時のドキュメント・ルポをドーゾ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪府警 VS. 大阪環状改造族
Photoドキュメント・ルポ 1982年夏 カメラは証言する
大阪環状は、1周10.4kmのONE WAYループ。メインコースは4車線ある。

大阪、いわずと知れたチューンドカーのメッカである。走り屋も多い。が、最近、大阪府警の強烈な締めつけに危機感を訴える声が強いのだ。果たして、その実情は? また、当の大阪府警本部の見解はいかなるものなのか。1982年7月31日土曜深夜、我々はマシンが集うという大阪環状に、クルマを乗り入れた。

土曜の夜の大阪環状、それは我が眼を疑うフィーバー・ゾーンだった

「大阪の暴走族や環状族の実態を、東京へ行って説明してもなかなか分かってもらえんもんで、苦労しますわ」…大阪府警本部関係者のコメントである。正直言って、我々取材スタッフも眼前に展開される大阪環状の実態と、自分たちの抱いていたイメージとの落差にガクゼンとしたことをまず断っておこう。

「関西の走り屋は、お祭り派なんですよ」とは聞いていた。が、これほどとは。ストイックな思い入れで走りを追求し、腕を研こうというストリートレーサーがカッ飛んでいく…という空想的シーンは、跡形もなく打ち崩されたのだ。

シャコタンで渋滞、パトカーの無差別検挙、相次ぐ事故!

午前1時の環状は大渋滞だった。しかも周囲のどのクルマも車高が低い。中にはハデなオーバーフェンダーやリヤウイング装着車(※当時リヤウイングは珍しかったのです)。関東でいうところの族仕様車に近い。しかし、こういったクルマが、ただ集まって走っているだけならさほど驚きはしない。が、1周する間に数ヵ所でぶつかっているクルマを目撃し、次の周にはさらに新たな事故現場を目撃するとなると、ちょっと穏やかではない。

もちろん、渋滞でまともに走れる状態ではないから、事故といっても接触や追突がほとんどなのだが。「いったい、どうなっているんだ?」「いやぁ、初心者が混ざっとるからネ〜」、そのおおらかさは、まさにカーニバル。お祭り騒ぎだ。

対する大阪府警は、走り屋のあまりの数の多さに手をこまねいて眺めているだけかと思うと、これが大違い。片っ端から取り締まっているのだ。1周の間に、事故処理1ヵ所を含む4ヵ所で、それぞれ御用になっている。

のろのろ運転の次の周には、これまたもう別のクルマが・・・。次から次へとパトカーはフル稼働だ。「違反の種類といっても・・・。駐車違反、初心者マーク、整備不良、安全運転義務違反、まぁいろいろですネ」・・・府警。しかし、環状族は、仲間がごぼう抜きに検挙されようと、事故ろうと、一切お構い無しに渋滞のループを楽しんでいるかのようだ。「ひとりで走る? そんなんアホや、どこがおもろいんや。ホラ見てみい。あんたかて一緒にいるだけで、なんとなくウキウキしてくるやろ」・・・族の証言。

「まぁ、アイツらは、いってみればカワイイもんや。めいっぱいクルマをいじって、走るのが好きなだけやからな。別に悪さするわけでもないしな。その点、暴走族とはちゃうで。大阪の暴走族は悪いわ。歳ももっと若いしな。免許証も、クルマも、ガソリンも持っとらんのに走り回りよる。つまり人のモン、盗んでやるわけや。でも大阪じゃあ今、壊滅状態やで。リーダーがいなくなってしもうたからな。もうリーダーのなり手がおらんのや。即逮捕するからな」(府警)。「一昨年までは暴走族もハデやったわ。御堂筋を逆走したりしてな。でも道交法の改正以来、ピタッと押さえられたんとちゃう」(市内学生)。

そして、暴走族が押さえ込まれた今、交通指導の主対象が、環状族に代表される走り屋に移行したというのは事実だという。「大阪の環状族も、今から3〜4年前はもっと凄かったですよ。クライマックスは迫力がありましたよ。みんな路肩にずらっと駐車して見守っている。その前を、目立ちたがりの速いクルマが3車編隊なんかで組んで、ブワーッとかっこよう飛ばすんですわ。1グループが走り終わると、今度は次のグループが登場や。まぁ、改造車の競演ですな。こういっちゃなんですが、見物でしたわ」・・・阪神高速道路公団関係者の私的述懐。「もっとも、公団にとっては彼らがつまりは暴走族なんですけどね」・・・同。

「前にも言いましたが、環状族と暴走族は違う。けど、取り締まりの基準は同じですねん」・・・府警。一口に暴走族、走り屋といっても、その実態は東京と大阪では明らかに異なる。それゆえ、この大阪でのケースをそのまま他の地域に当てはめることは的を得ないだろう。が、しかし・・・。

「もう、イタチゴッコは終わりや、8月末の新聞、楽しみにしてや」

「今、いわゆる走り屋=環状族は1500台くらいいますわ。中には根っからの走り屋もおるわけですが、若さゆえ他人の迷惑を考えないでワイワイやっとる連中も多いんですわ。ですから我々は環状族の場合、交通犯罪としてではなく、広い意味での青少年非行対策の一環として考えておるんですわ」(府警)

そして、すでに環状族対策は最後のツメに入ったことは間違いないようだ。「ともあれ、もうほとんど環状族は把握しております」との、自信溢れるコメントが、その事実を物語る。取材当夜も、照明・撮影用採証車が道路をサーチライトで強烈に照射し、走行車両のリヤを、夜目にも鮮やかに浮かび上がらせていた。ナンバープレートを軒並み撮影しているのである。さらに、覆面パトカーに乗り込んだ私服警官が、これまた「らしいクルマ」をチェックし、撮影を進めている。

そして午前3時にかかろうとするころ、数100台はいた環状族のマシンが、みるみる減ってきた。理由は・・・考えるまでもなかった。ループのキーポイントともいうべき分岐点に、例の照明・撮影車が陣取り、その場でビシビシ取り締まり始めたからだ。ちょっと目立つ改造車は、容赦なく止められている。

走り屋のほうも、数をたのんで検問をブッ千切るという暴挙には出ない。それをやれば共同危険行為が成立するということを、走り屋も知っているようだ。これをくらえば一発で免許がなくなる。もちろん、それだけでは済まない。環状族が締め出され、パトカーが帰路につく。

すると再び、どこからともなく走り屋が集まってくるというのが、ひとつのパターンだといわれていた。が、この日はいつまでたっても、パトカーは環状から消え去りはしなかった。午前5時、空が白み切り、折から降り出した雨の中で、それでも1周する間に3ヵ所でパトカーが違反車を検挙していた。

「すでにウチのほうでは、環状族の実態を完全につかんでおります。クルマの持ち主も、追跡調査で全部おさえてあるんですね。まぁ、このままイタチゴッコ繰り返しておるわけにもいかんですからね。ひとつ、8月末の新聞、楽しみにしてくれまへんか」府警本部、交通指導課の係官は最後をこう強烈に締めくくった。もちろん、環状族=改造車ではない。が、両者が深く結び付いていることも事実だ。

とりわけ、取り締まりサイドでは。「業者まで捕まえんことには、不法改造はなくならん」との容易ならざる声が聞かれたのも事実だ。暴走族はもとより、南港や臨海でのゼロヨンを完全に押さえきった実績を誇る大阪府警である。しかしその時、環状線を締め出された走り屋たちは、いったいどこへ向かうのだろうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東名最高速、首都高タイムアタックとは、また違った色を見せる大阪環状。まぁ普通の方から見れば走り屋=暴走族・・・ですが、大阪府警もソコは違いを分かっていただけていたことは嬉しいですね!?

【OPTION 1982年10号より】

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

大阪府Kに聞きました! 80年代・大阪環状24時間ドキュメント【OPTION1982年10月号】(http://clicccar.com/2017/12/26/542288/)