からだエイジング : 膿が溜まって顔が重くなる!? 蓄膿症になる原因とは

写真拡大 (全5枚)

風邪を引いたとき、黄色い鼻水が出た経験は誰にでもあるのではないでしょうか。あの黄色い鼻水が、蓄膿症を引き起こす“膿(うみ)”の正体です。
鼻づまりを長いこと放置しておくと、顔が重くなりときには痛みが生じる蓄膿症になる可能性があります。
では、蓄膿症とはどんな症状なのでしょうか。慶應義塾大学病院の耳鼻咽喉科・神崎晶先生に話をうかがいました。

 

鼻の横の「副鼻腔」に膿が溜まる

その名の通り、膿を蓄積させてしまうのが「蓄膿症」です。医学的な正式名称は「副鼻腔炎」といい、最近では患者さんにも「副鼻腔炎」という名前で診察することも多いそうです。

「副鼻腔は、鼻の穴の奥あたりにある“鼻腔”の横にある空洞のことです。鼻の左右横、目の下あたりは、骨のなかが空洞となっており、目の内側や眼球の裏側、額の部分など目の周りはすべて空洞になっています。 どうしてなのかはわかっていませんが、哺乳類はすべて同じ場所に空洞があるんです。

副鼻腔炎とは、この副鼻腔の空洞のなかに膿が溜まってしまう症状をいいます。風邪を引くと多くの人が黄色い鼻水を出しますが、これは急性の副鼻腔炎。鼻水が止まらず炎症が残ると、慢性の副鼻腔炎になります」(神崎先生)

慢性の副鼻腔炎が通称で蓄膿症と呼ばれるものですが、症状として診断される際の基準は「3カ月以上、膿を溜めていること」だといいます。
診察では、風邪を引いて黄色い鼻水が出始めたのはいつごろかを確認しながら時期的な目途を立て、副鼻腔炎だと判断するそう。では、なぜ膿が溜まってしまうのか。 鼻腔の構造はどうなっているのでしょうか。
「副鼻腔には、膿などの汚れたものを外に出す、毛の生えた細胞(繊毛細胞)があります。

 

この細胞が老廃物を掻き出すように働いてくれるため、膿は副鼻腔に溜まらずに鼻水として外に出て行ってくれます。
しかし、風邪やアレルギー性鼻炎などで炎症が起きると、それによって鼻のなかの粘膜が腫れてしまいます。 粘膜が腫れることで副鼻腔に膿が入る出入り口がふさがってしまうのです。
膿が副鼻腔に溜まるときは、重力に従った流れなのですが、出るときは重力に反した動きで出口に向かわなくてはなりません。 その道がふさがってしまえば、繊毛細胞がどんなに一生懸命に働いても、膿を掻き出すことはできません。
こうして、ずっと膿が溜まってしまうのです」(神崎先生)

歯のばい菌が蓄膿症の原因に!?

蓄膿症の原因として多くあるのが、長引く風邪や花粉症などのアレルギー性鼻炎により粘膜が腫れてしまうことです。 ただ、それ以外にも蓄膿症を引き起こす原因があるようです。
「ストレスや疲れによる免疫力の低下も、鼻のなかの炎症が強くなる要因になりえます。
ほかに挙げられるのは、たばこです。たばこは、口から吸って鼻から煙を吐き出します。 本来、鼻腔内には酸素がたくさん必要ですが、その空間が無酸素の煙でいっぱいになるため、粘膜はダメージを受けやすくなります。

汚れを外に出す働きの繊毛細胞も、煙による汚れの掃除でいっぱいいっぱいになってしまい、膿を出すところまで手が回らない状態に…。
こうして、結果的に副鼻腔炎を引き起こすのです。ほかにも、むし歯などによって歯の根っこが腐って壊死し、そのばい菌によって副鼻腔に膿が溜まるケースもあります。
また、ぜんそくを持っている人は、粘膜の構造が似ているからか、副鼻腔炎になりやすいともいわれています」(神崎先生)

「鼻づまりが治らない」「顔が重い」など、鼻腔のつまり感がある人は、早めに専門家に見てもらうことが大切です。
ただの風邪だからと放置していると、手術にまで至るケースも…。
そんな蓄膿症の具体的な治療法については、次の記事でご紹介します。

 

 

 

次の記事:悪化すれば手術に至る!? 副鼻腔に膿がたまる、蓄膿症の治療法