会見する康氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日、記者会見を開き、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓国と日本政府の合意について検証を進めているタスクフォース(TF、作業部会)に関連し、「(検証結果を)十分に踏まえ、被害者と被害者を代弁してきた団体、専門家などと十分な意思疎通を行い、今後の対応方向を確立していく」と述べた。

 TFは27日、慰安婦合意の検証結果を発表する予定だ。

 康氏は「(慰安婦問題は)基本的に人権問題」として、「当事者と被害者支援団体の考えを十分に盛り込んで前に進まなければならない」と指摘。「TFの結果を踏まえ、被害者と団体の声を十分に盛り込み、意思疎通を図って政府の立場を確立することが正しいと思う」と表明した。