進化した呪いのビデオの内容が明らかに 『ザ・リング/リバース』本編映像

写真拡大

 『リング』シリーズ最新作『ザ・リング/リバース』の本編映像が公開された。

参考:動画はこちら

 本作は、鈴木光司によるベストセラー小説、および中田秀夫監督が映画化した1998年の映画『リング』を、ハリウッドで再び映画化したホラー映画。“呪いのビデオ”を見てしまった主人公ジュリアが、ビデオのルーツを辿り、呪いを解き明かすべく奔走する模様を描き出す。

 このたび公開された映像は、主人公のジュリアが恋人のホルトを呪いから救うため、呪いのビデオのコピーを見ることで、呪いを自分に移そうとするシーン。ジュリアは恋人に気づかれないよう夜中にこっそりと起きだし、パソコンを開いて呪いのビデオのコピーを再生する。呪いのビデオには、光の環、揺れる水面、鏡に映る女性、海に面した崖、口の中から出てくる紐、傷ついた鳥、指に突き刺さる釘、うごめく虫、ムカデ、落ちる梯子、井戸などの映像が映し出されていた。再生が終わると電話が鳴り、「7日よ」と死の宣告が。そしてジュリアが周囲を見渡すと、なぜかそこは壁に十字架の掛かる見知らぬ部屋に変わっていた。(リアルサウンド編集部)