「黒い十人の秋山」に友情出演する天才子役・みちくん/(C)テレビ東京

写真拡大

12月26日(火)に放送されるロバート・秋山竜次が“一人10役”を務めるドラマ「黒い十人の秋山」に、児童劇団えんきんほう所属・天才子役の上杉みちくんが友情出演することが分かった。

【写真を見る】陰から何かをのぞくみちくん。果たしてどんな役柄に?/(C)テレビ東京

同ドラマは、クリエイターズ・ファイルも大きな話題を呼び、普段から細かいキャラクターの作り込みとなりきりぶりに定評のある秋山が、日本ドラマ史上初となる(?)1人10役に挑む。

オペラ歌手、美人秘書、外国人画家、建設会社社長、美容整形外科医、サーファー、プロゴルファー、ファッションモデル、猫を飼う男、トータル・ファッション・アドバイザーと、秋山が演じ分ける10人の色濃いキャラクターの作り込み、そして緊張感あふれるストーリーとなっている。物語の中でみちくんは果たしてどのような役割を担うのか?

濱谷晃一プロデューサーは、「ロバート秋山さんが1人10役を演じるという本ドラマ。番組の情報リリース時から、ネット上で『上杉みちくんにも出演してほしい!』という声を多数拝見しました。それを受けてダメ元でオファーしてみたところ、なんと快諾して頂けました」と裏話を披露。

また、「孤島で起きる殺人事件という本格ミステリー設定に、子役のみちくんがどんな役どころで出演するのか、ぜひご期待ください!

そして、つい先日、作品が完成したのですが、1人10役なのに、本気でサスペンスドラマになっていて思わず笑ってしまいました。しかも、ドラマ終盤では本当に10人のキャラクターが自然に存在しており、物語に感動している自分がいました。

斬新過ぎてなんというジャンルなのかよくわかりませんが、他では見られないことは確かなので、ぜひご覧頂きたいです!」とプロデューサーでさえ戸惑うほどの(?)、大作ドラマとなっているようだ。

■ 「黒い十人の秋山」イントロダクション

嵐の夜、桐島さなえ(仲里依紗)は部下の取手健(満島真之介)と共に、従姉の桐島ケイ(堀内敬子)が働く離島のホテルにいた。実は夜にディナーショーを行うオペラ歌手・冴島響一郎(秋山竜次)に、従妹がファンだと話したところ、招待したいという申し出があり、ケイが呼んだのだ。憧れの冴島に招待されたことを知り感激するさなえ。

ディナーショー開演直前。演出を担当するトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMI、児童劇団えんきんほう所属・天才子役の上杉みちくんなど有名人も姿を現し、ロビーが賑やかになる中、突然怒鳴り声が響き、落雷で停電が発生。真っ暗な中、さなえと取手は庭先を横切る影を目撃する。この時既に一件の殺人事件が起こっていた――。

停電が復旧した頃、客の本庄一朗(滝藤賢一)が何者かに殺された。さなえと取手は、停電の間に出入りした10人の宿泊客の中に犯人がいると断定。オペラ歌手・冴島響一郎、トータル・ファッション・アドバイザー・YOKO FUCHIGAMI、美人秘書の戻川茜、外国人画家のパトリック・ベイカー、ファッションモデルのリシエル、サーファーのヒデト、プロゴルファーの犬塚聡子、美容整形外科医の財津隆也、建設会社社長の神取忠、猫を飼う男・村田安夫など、容疑者は一癖も二癖もある怪しい人物ばかり(全て秋山竜次)。

さなえ、取手になぜかホテル従業員でさなえの従姉の桐島ケイ(堀内敬子)も加わり3人で捜査を進めるが全員アリバイがあった。さらにホテルのオーナー大城武史(山内圭哉)にも疑惑の目が向けられ、事態は混迷を深めていく。次々と現れる証拠や証言で意外な人物が浮かび上がる...そこには過去の陰惨な未解決事件が関係していた! 真犯人は一体誰なのか...!?(ザテレビジョン)